立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

宗門の応援団

日蓮宗全国檀信徒協議会

【Nichirensyu Zenkoku Dansintokyougi-Kai】

146-0082 東京都大田区池上1-32-15

日蓮宗全国檀信徒協議会 ホーム>イベント・活動>だんしんきょう 平成28年 11月号

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

だんしんきょう 平成28年 11月号

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

日蓮宗と私 

 

   

日蓮宗全国檀信徒協議会常任委員  
日蓮宗岩手県檀信徒協議会会長
日蓮宗砥森山法華寺総代
菊池 岩男 氏
 
 
 私の曾祖父母は臨済宗の檀家でしたが、熱心な法華経信徒で、妙宗会講中を結成して地域の信徒と一緒に信仰していました。お堂で毎日、唱題行をして、熱心にお題目の「おかげさま」を説いておりました。小学生の頃は、提灯持ちをして寒修行をして歩きました。私たち5人兄妹はそんな環境で育ち、信仰心を育ててきました。
 兄は中学を卒業すると「身延山の高校に行くから」と言って、ひとりで身延山へ旅立って行きました。当時私は中学2年生。正月休みに出稼ぎから帰ってきた父親が「敏夫(長兄で現在・遠野市法華寺阿部是秀住職)は僧侶になるから、お前は大工になれ」と言われて、中学卒業後、花巻の親戚の家に大工の見習いとして弟子入りしました。棟梁の家も法華経の信徒で、朝夕のお経、お題目を毎日唱えていました。兄が身延山大学を卒業して、大阪の妙法寺に修行に行ったと聞きました。それから2年後、法華寺に帰ってきました。
 昭和40年代に結婚をして、男2人、女1人の子どもに恵まれ、仕事、子育てと多忙な日々を送っていました。ところがあるとき、子どもたちが次々急病にかかりました。私ども家族もお題目におすがりして、必死に唱題行をしました。するとご加護があって、子どもたちは快方に向かい、退院して、元気に学校に通えるようになりました。日蓮宗のご祈祷と教えは素晴らしい。お題目の力は、人の苦しみや悩みを救う、教えなのだと実感しました。
 それからは、前にも増して法華寺にお参りするようになり、青年会活動をはじめ、毎年2月11日に行われる春の大祭やくばらい・星まつり祈祷祭、お盆の御霊魂祭りの2大行事には参加奉仕しています。そして、家族、会社、社員共にご守護に感謝しながら、法華寺参りを重ねています。
 日蓮宗のお題目におすがりして40数年。現在は全国檀信協常任理事という役を頂き、兄は、東北教区長、宗務所長を務めています。忙しい日々でありながらも、法華経のご守護が結んだ数々の縁に支えられ、数えきれないほどの、「おかげさま」があって、今の自分たちが在るのだと、感じずにはいられません。
 今の世には、だんだんと「おかげさま」の心が薄くなっているように思います。今あることを不満に思い「何々のせい」とするのではなく、「あの人のおかげ」そして「お題目のおかげ」「お祖師さまのおかげ」と思うことができれば、1人ひとりの心も明るく、逞しくなり、もっと良い世の中になるのではないでしょうか。
 日蓮聖人降誕八〇〇年に向けて、「おかげさま」という感謝の心を形にさせていただけるよう、法華経と南無妙法蓮華経にしっかりとおすがりして、信仰心を強く育み、1人でも多くの人とお題目をお唱えして、合唱し、感謝の心を形に表せるよう、頑張っていきたいと思います。
 

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.