立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

宗祖船中問答霊場、感応の祖師

福船山 安立寺

【Hukusenzan Anryuji】

236-0022 神奈川県横浜市金沢区町屋町7-4

福船山 安立寺 ホーム>寺ブログ>「涼しくなると、、」お彼岸と六波羅蜜

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

「涼しくなると、、」お彼岸と六波羅蜜

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

涼しくなると、どこか感傷的な気持ちになりませんか?

本年の夏は36℃を越える日も多く、寝苦しい夜や自分の汗に不快感を覚えたりといらいらされた日もあったかと思います。

夏の暑さには賑やかさや、そのような苛立ちがありますが、ここ数日朝晩がぐっと涼しくなってくると夏の終わりを感じて、なんとも形容しがたい感傷的なものが胸の中に現れてきます。

お彼岸とは、彼岸会(ひがんえ)と言って、春分・秋分をお中日(おちゅうにち)としてその前後三日の七日間を春・秋の彼岸とし、この春・秋の彼岸のときに法会を行います。

彼岸は梵語の波羅蜜多paramitaの訳で、到彼岸を意味します。煩悩・迷いの世界である此岸をはなれて悟りの境地である彼岸に到達するという意味があります。

なぜこの日なのかというと、春分・秋分の日は太陽が真東から昇り、真西に沈む、すなわち昼と夜の長さが等しくなります。この昼にも夜にもどちらにも片寄らない状態が、仏教の中道(ちゅうどう)という教えに合致しているとしてこの日に法会を行います。

夏の暑さにいらだっていたり、冬の寒さに身をこわばらせていると、周りの人を気遣ったり、静かに物事を考えたり、落ち着いて行動をしたりということがしづらくなってきてしまいます。

暑くもなく寒くもないお彼岸の時期というのは、最も仏教・神仏に対する敬虔な心が起こりやすいと言われ、静かに物事を考え、自分の行動を反省し、季節の移り変わりに、ずっと変わらずにあり続けるものは無いんだということを感じます。

特にこのお彼岸の時期を仏道修行の期間と捉え、六つの修行徳目である六波羅蜜(ろくはらみつ)をお中日の前後三日間に配します。

布施(ふせ)、、、財や心を他の人に施す

持戒(じかい)、、、自身を戒め、人に迷惑をかけない

忍辱(にんにく)、、、いやな事があっても怒らない、不平不満を言わない

精進(しょうじん)、、、努力を惜しまず、自ら進んで動く

禅定(ぜんじょう)、、、心を静かに保ち、深く物事を考え、反省を忘れない

智慧(ちえ)、、、真実をありのまま見て、正しい判断をし、正しく行動する

もちろん信心を起こして、ご先祖さまをご供養することも大切な仏道修行ですが、このお彼岸の時期はご自身の修行、普段なかなか分かっていても難しいこと、仏道修行の六つを意識して、過ごされることをお勧めいたします。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.