立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山科檀林旧跡

了光山 護国寺

【gokokuji】

607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町72

了光山 護国寺 ホーム>寺ブログ>お彼岸は仏道修行こそが、一番の先祖供養

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

お彼岸は仏道修行こそが、一番の先祖供養

お彼岸と言いますと、先祖供養やお墓参りと思い浮かべてしまいますが、実は、生きている私たちの仏道修行の一週間でもあります。
 この一週間で少しでも私たちは、苦しみがあるこちら側の
此の岸から、仏さまの居られるあちら側の、彼の岸へ渡っていかなければならないのですが、日蓮宗のお彼岸は、私たちがいる、こちら側の此岸を仏さまの居られる浄土(彼岸)にしていく事に重点を置きます。なぜなら、私たちが住んでいる世界を良くしていく事こそが、私たちが救われる道であると法華経が説くからです。

 さて、日蓮大聖人は『出家功徳御書』

我身は天よりもふらず 地よりも出でず 父母の肉身を分たる身也 我身を損ずるは父母の身を損ずる也

とお教えになられいます。
 今、私達があるのは、父母をはじめご先祖さまのお陰であります。我が身を慈しまないことは、父母・先祖を慈しまない事と同じでもあります。なぜなら、この身は天よりも降らず、地よりも出でたのでもなく、父母の肉身を分かちたる身だからです。
 だからこそ、先祖供養を志すには、我が身を仏に近づけていくことが、父母、先祖を仏へと成仏させていく一番最善の供養となります。
sinngyou 
父母、先祖が救われるとき、私たちも救われ、私たちが救われるとき、父母、先祖も救われます!
 どうぞ、このお彼岸の一週間は、日頃の忙しい毎日を省みて、仏道修行を志し、精進下さいませ。その時、この世界も浄土となり、父母、先祖はもちろんのこと、私たちも含め、すべての生けとし生きるものが救われていくのですから。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.