立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山科檀林旧跡

了光山 護国寺

【gokokuji】

607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町72

了光山 護国寺 ホーム>寺ブログ>なぜ7月盆と8月盆があるのですか?

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

なぜ7月盆と8月盆があるのですか?

A、お盆と言えば、先祖の霊を供養する行事として有名ですが、ところが、このお盆は全国的に7月と8月のふたつに分かれるのをご存知でしょうか!?

 そもそもお盆の行事は、  
7月15日  を中心として古来より執り行われていました。それが大きく変わるのは、明治時代になってからです。明治政府は暦(こよみ)を国際標準化するために、江戸時代まで日本で使われていた太陰暦から、現在の太陽暦に変更します。すると、今まで執り行っていた時期よりも一ヶ月ほど早くなり、梅雨もあけていない時期となってしまいました。
 それでも東京を中心とする都市部では、新しい暦となった太陽暦に従って7月15日に執り行ったのですが、特に農村部がある地方では、ちょうど農繁期にさしかかる為、一ヶ月遅らせて8月15日に執り行うようになりました。
 ここから7月のお盆を新盆(しんぼん)と呼び、8月のお盆を旧盆(きゅうぼん)と言うようになりました。新暦に従ったから新盆、旧暦に従ったから旧盆と 呼ばれるそうですが、厳密に言うと旧暦に従うと、8月前半~9月前半まで、毎年、お盆の時期が変わる為、便宜上それに近い一ヶ月遅れの8月にしたようで す。

 現在、7月のお盆を執り行っているのは、東京・神奈川・静岡・愛知、などの都市部(その他にも北海道・東北の一部・北陸などの都市部)が中心です。その 他の大部分の地域は8月にお盆を執り行っています。沖縄や奄美地方では、旧来通り旧暦の7月15日にお盆の行事をしているようです。

このページの先頭へ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.