立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山科檀林旧跡

了光山 護国寺

【gokokuji】

607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町72

了光山 護国寺 ホーム>寺ブログ>誰でも分かる~立正安国論を学ぶ ⑤~

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

誰でも分かる~立正安国論を学ぶ ⑤~

客はいちだんと怒り、顔色を変えて言います。

 そもそも浄土三部経を説かれたのはお釈迦さまであります。
また、
法然上人は幼少の頃から比叡山に登られ、仏教の教義を窮(きわ)めた方です。
それでも生死の迷いを離れる事ができないために、諸経をなげうって、専(もっぱ)ら念仏を修行されたのです。
貴僧はもったいなくも釈尊の説かれた浄土三部経を軽んじ、阿弥陀仏の誓願を謗(そし)られる事は恐れ多い…。私はこれで中座して帰ります。

 主人はにっこり笑って客を止めて言います。

 まずは事の起こりをよくお聞きなさい。
釈尊一代五十年の説法には前後の順序があります。
人々のレベルに合わせて、優しい教えから深い教えへと説き進み、最後に本意を述べられたのが法華経です。
しかし法然上人は、この事を理解なされていない。
それゆえ念仏以外は
「捨てよ 閉じよ 閣(さしお)けよ 抛(なげう)てよ」と説いたのです。
これは法然上人が自分勝手に曲げて解釈した言葉であり、仏の言葉ではありません。
その結果、みんな法然上人の言葉を信じ、浄土三部経だけを崇(あが)めて諸経を捨て、阿弥陀仏だけを拝んで他の諸仏を忘れてしまったのです。

 あなたは今の災害が、念仏や法然上人が原因だと非難した事にひどく怒られているが、それは間違いです。
念仏が災いをもたらすのは中国でも実例がありますし、日本でも現実に証拠が顕(あきら)かであります。
疑ってはいけません。怪しんではいけないのです。
近年うち続く災難を除くためには、何よりもまず念仏の凶を捨てて、法華経の善に帰依し、災難の原因である
謗法(ほうぼう)の根源を断ち切らなければなりません。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.