立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山科檀林旧跡

了光山 護国寺

【gokokuji】

607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町72

了光山 護国寺 ホーム>寺ブログ>誰でも分かる~立正安国論を学ぶ ④~

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

誰でも分かる~立正安国論を学ぶ ④~

客はそれでもまだ憤(いきどお)って、次のように言います。
 賢明な帝王は道理に従って万民を導きます。今の世の僧侶はみんなが帰依(きえ)しています。あなたが言われるように、仏法や国を破る悪僧であれば、賢明な王が帰依するはずがありません。いったい誰を指して悪僧と言われるのですか?

 主人が答えて言います。後鳥羽上皇の時代に法然(ほうねん)という僧が『選択集(せんちゃくしゅう)』という書物を著(あらわ)しました。この書物によって釈尊一代の尊い教えを破り、多くの人々を迷わせてしまったのです。
 その中には、釈尊の教えを聖道門(しょうどうもん)と浄土門(じょうどもん)に分け、念仏以外の教えはすべて「捨(す)てよ・閉(と)じよ・閣(さしお)けよ・抛(なげう)てよ」と教えて人々を惑わしたのです。これは諸経の王「法華経」の経文に背(そむ)く教えです。なぜなら「この経を信ぜず謗(そし)る者は、無間地獄(むげんじごく)に落ちる」とありますし、法然が依りどころとした『浄土三部経(じょうどさんぶきょう)』の「五逆罪(ごぎゃくざい)を犯した者と、正法を謗(そし)った者は往生(おうじょう)できない」という阿弥陀如来の誓いにも背くからです。
 しかし今の世は末法(まっぽう)で、みんな愚(おろ)かで聖人(せいじん)ではありませんから何が正しいか分からないのです。それゆえに釈尊を捨て、阿弥陀如来だけを帰依するようになったのです。国土守護の善神が去る理由がここにあります。まずは国土に災いをもたらした根源である「念仏」を禁止することを第一にしなければなりません。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.