立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

宗祖船中問答霊場、感応の祖師

福船山 安立寺

【Hukusenzan Anryuji】

236-0022 神奈川県横浜市金沢区町屋町7-4

福船山 安立寺 ホーム>イベント・活動>勤労感謝の会

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

勤労感謝の会

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

11月23日 午後2時半より、勤労感謝の会を行いました。
 
11月23日は言わずと知れた国民の祝日・勤労感謝の日です。

国民の祝日に関する法律では、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」とあり、また国民の祝日に関して第一条には、「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育て、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。」とあります。
 
様々な所で、勤労感謝の日の催しが行われておりますが、安立寺でも会費制ではありますが、勤労感謝の会を行います。
 
お寺の行う会ですが、堅苦しくなく、みんなで楽しみながら祝うことを心がけています。
今年は「街の先生」より、紙芝居・山下康先生、パントマイムバルーンアート・ジーコ先生にお越しいただき行いました。
 
山下先生は、徹子の部屋でも流れているCMに声で出演されているとのことで、紙芝居も大きな声で迫力があり、子どもから大人まで楽しみました。あるお檀家さんからは「お菓子はないの?昔はお菓子が貰えて楽しみだったんだよなあ」との声も。
演目は「たべられやまんば」、「かさじぞう」子どもとやまんばなど様々な声を使い分け、感情豊かに、また迫力のある紙芝居でした。
 

ジーコ先生は、幼稚園や老人ホーム、東日本大震災の被災地へもパフォーマンスに行かれるそうで、年間60本ほど講演されているそうです。「私も被災地へは1週間ほどで行きましたが、どこの支援よりも僧侶の方の支援が早くてびっくりしました」と。
パントマイム、皿まわし、手品、バルーンアートなど盛りだくさんで、子どもも大人も一緒に参加し、笑い声と拍手の多い講演でした。
 
勤労感謝の会の前に開かれた役員会では、震災があった場合には崩れるかもしれないと言われている塀についても話合われ、「安立寺は私たちにとって誇りなんだ、しっかりやっていきましょう!」と心強い声も聞かれました。

日頃より、安立寺の行事を快くお手伝いいただいている皆様に感謝すると共に、終始なごやかに勤労感謝の会を行うことが出来ました。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.