立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山科檀林旧跡

了光山 護国寺

【gokokuji】

607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町72

了光山 護国寺 ホーム>寺ブログ>室町時代、京都の七割は日蓮宗だった!?

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

室町時代、京都の七割は日蓮宗だった!?

現在、京都といえば各宗派の総本山が立ち並び、日蓮宗というと
「あぁ、関東の仏教ね!」と言われる雰囲気ですが、一時期、京都に住む人の
七割が日蓮宗の檀信徒になった時期がありました。
 それは、応仁の乱のあとの室町時代です。当時の京都は戦乱や天災がたて続きに起こり、政治も不安定な時代でした。そんな時、苦しみに喘ぐ民衆を救ったの がお題目の教えでした。日蓮宗の先師はこぞって、京都での布教に励み、上は公家や大名、下は一般大衆にまで信徒を獲得していきました。特に町衆(まちしゅう)と言われる、裕福な商工業者に信徒が多く、町衆は、京都の復興の中心的な存在で、自治と団結を進め、京文化を形成していきました!現在も行われている祇園祭(日本三大祭りのひとつ)ですが、
昔は法華祭りと言っていたそうで、鉾(ほこ)には大曼荼羅御本尊が掲げられていたと伝わっています。
町衆 公家の日記にも、

「京都に日蓮宗が繁昌して、毎月二ヶ寺三ヶ寺と寺院が建立され、京都の中は大方お題目であふれかえっている」
とあり隆盛が見られます。往時には洛中に二十一ヶ寺の本山を擁し、
「皆法華」とまで称されていました。まさに、この世に出現した仏さまの
おられる浄土のような所が、京都だったのです。

このページの先頭へ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.