立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

宗祖船中問答霊場、感応の祖師

福船山 安立寺

【Hukusenzan Anryuji】

236-0022 神奈川県横浜市金沢区町屋町7-4

福船山 安立寺 ホーム>イベント・活動>眼病守護日朝上人大祭

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

眼病守護日朝上人大祭

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

6月24日 眼病守護日朝上人大祭を行いました。

行学院日朝上人は総本山身延山第11世法主であり、久遠寺発展の基礎を築き、また室町時代の代表的な教学者でもあります。

身延山の整備拡張、学僧教育の確立、500巻にも及ぶ著述などその業績は甚だ多く、宗門では「中興の祖」と仰ぎ、その業績を讃えております。

止暇断眠(しかだんみん)といい、寝る間も惜しんで様々な事業に尽力されますが、その無理がたたり61歳の時に両眼を失明されてしまいます。

当時はもちろん光量の多い電灯などはありません、ろうそくや油燈の明かりで時間を惜しんで、書物の著述や編纂をされていたと考えると当然のことであったかもしれません。

しかし、日朝上人はその信仰・経力のちからによってこれを克服されます。そして後世、法華経を信仰する者が眼病で苦しんでいたならば、必ず守護し、平癒させるという願を立てられます。

以来、多くの人々から眼の神様学業の神様として尊ばれて参りました。

当日は、当山に勧請される日朝上人に報恩の誠をささげ、眼病平癒、学業成就を祈念いたします。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.