立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

宗祖船中問答霊場、感応の祖師

福船山 安立寺

【Hukusenzan Anryuji】

236-0022 神奈川県横浜市金沢区町屋町7-4

福船山 安立寺 ホーム>イベント・活動>寒い季節の心の修養、寒中唱題修行

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

寒い季節の心の修養、寒中唱題修行

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

お寺では1月20日〜22日の3日間にわたって寒中唱題修行を行いました。

二十四節気の24番目、1年で最も寒いとされる大寒」(だいかん)のこの時期に

お寺の周囲の地域を東西南北に分け、3日間唱題行脚を行います。

寒さがいっそう厳しくなる季節です。
人は、寒いと身をちぢこませ、言葉も少なくなって周りの人にあまり気を使えなくなったり、怠け心を起こしていつまでも布団やコタツの中にいて外に出ず、寒さによって気を落ち込ませたりするものです。

この寒中唱題修行は、寒い時期に外に出て、お題目をお唱えして声を出し、お題目と共に歩いて行くということを実感する中で、寒さに負けない心をととのえていく、心の修養行です。
みんなで声を出し行脚をすれば、必ず身も心もあたたまります。

毎年3日間参加される方もいれば、1日だけ、2日だけと参加される方もいらっしゃいます。
休憩を入れながら約1時間ほどの行脚になりますので、ご自身の体の調子と相談しながら、厚着をされても構いませんので、無理のない形でのご参加をおすすめいたします。

なかなかいきなりの参加はむずかしいという方は、寒い季節お一人で外を歩かれる際などに、小さな声でもいいのでお題目をお唱えしながら歩いてみるのも良いでしょう、行っていくうちにだんだんと心がととのえられ、身も心もあたたまっていくのを感じられるかもしれません。

日蓮宗では、僧侶が行う修行として「寒百日の荒行」というものがあります。
立冬の頃より、大寒を過ぎて立春の頃に至るまでの百日間に、お堂に籠もり1日に水行と読経を何度も繰り返す、睡眠時間は少なく、食事も簡素なものを日に2食、ひたすらに行を加え続け自らの心と力を整え高めます。

僧侶しか行わないものではなく、お檀家の方でも行えるものとして、お寺では寒中唱題修行を行っています。
小さくても、少しずつでも、行っていくことが心と体にはとても良いことです

少しずつ、少しずつ、だんだん、だんだん。
 

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.