立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

生きるチカラを育むおてら ☎︎0968-68-0255 ひとりで悩まず相談を

荒尾市 ふもと大黒天 妙功寺

【syotaisan myokouji】

864-0166 熊本県荒尾市府本398-1

荒尾市 ふもと大黒天 妙功寺 ホーム>寺ブログ>「こっじゃいかん」

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

「こっじゃいかん」

震災を目の当たりにした県民だからこそ
見えてくるものがある。

有明広域消防の消防士で、
防災士でもある徳永伸介さんが、
5月22日に妙功寺本堂にて
「災害ダイアログ」を開催。

地元の消防団をはじめ、
活発な女性方も足を運んで下さいました。

はじめに、
熊本地震で亡くなられた方々への供養と
火の国熊本復興への願いを込めて、
参加者と共にお祈りを捧げました。

まず前半は、「クロスロード」という防災シュミレーションゲームを体験。
本来は、仮想の災害を設定し、進めていくゲームなのですが、
今回は、熊本地震発生から、自分たちがどう思い、どう行動してきたか、
実際にとった行動を振り返る時間でした。
3〜4人のグループに分かれ、
想定された場面に対して、
イエスかノーで答えていく。
どちらかが正解というわけではなく、
他の人が、なぜその選択をとったのか、
周りの人の考えに耳を傾け、
受け入れていく。
その他人を尊重する心が、
災害時にはきっと強い力になる。

そして後半は「災害ダイアログ(対話)」です。
引き続き3〜4人のグループに分かれ、
①いま思うこと
②これまで聞いたこと
③これからできること
それぞれメンバーがローテーションしながら、
一人5分間ずつ、①〜③の課題に対して語っていきます。

様々な職業、会社や地域での立場、
家庭環境や経済状況により、
参加者それぞれのストーリーが見えてきました。

今回の震災で、
地域で決めていた災害対策が実際に行われたが、
それがあまりにも問題があったこと。
メディアやSNSによる情報に振り回されたこと。
こっじゃいかん(これではダメだ)と
本当に活かせる防災学習、
災害対策を考えていこうということから、
熊本の被災地に向けて
「今の自分ができる一歩」が語られました。

今回の主催者 徳永さんは、
「このような対話の場所をもっと増やしたい」
「主催できる人材を育てたい」
と、学びの場をつくられています。♣♣♣
復興支援、そして、
自分たちの町は自分たちで守るという思いを形にする一歩をぜひ。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.