立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

We are the ones who make a brighter day ☆ 明るい明日を作るのは僕らの仕事

廣榮山 蓮華寺

【Koeizan Rengeji】

〒563-0361 大阪府豊能郡能勢町今西203-5

廣榮山 蓮華寺 ホーム>地域情報>【京都府】近畿教区僧風林(本山立本寺)

地域情報

地域情報

記事公開日:

【京都府】近畿教区僧風林(本山立本寺)

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

昨日、京都上京区の本山立本寺様にて、近畿教区僧風林(そうふうりん)が開林しました。今年は、長男がお世話になることになりました。

僧風林とは、日蓮宗の沙弥(僧侶としてまだ一人前になっていない子供のことを“しゃみ”と呼びます)が、お寺に1週間籠って、僧侶としての基本を徹底的に叩き込まれる、言わばお子様向けの虎の穴(?!)のような養成機関。しかし、お子様向けと言えども、そこは宗門僧侶養成の根幹をなす道場です。林生は朝5時半から夜9時までみっちり1週間、先生方と寝食を共にしながら仏道修行に只管精進します。もちろんお遊びは一切なし。
 
私はずっと京都に通わせていただいるお陰で、主任先生や講師陣の皆様は存じ上げている御上人ばかりでしたが、長男にとっては先生方も林生も皆が初対面のピカピカの1回生ですから、緊張感も相当なものだったのではないかと思います。
1回生は4人(内小学校4年生は3人)で、後の6人は2回生と3回生。開林式は大本堂で行われ、さすが2回生以上の沙弥たちは所作もスムース。貫首猊下の発音に続き、沙弥たちの朗々とした読経の声も聞こえてきます。堂々としたものです。
 
長男が(僧風林に)行くのを渋って沈んでいる時、あるブログを長男に見せました。それは修養道場などで、日頃からお世話になっており、去年の僧風林では講師を務められた京都の○暮上人のブログ…
そこには「長男と同い年の○暮くん」の心境が綴られていたのです。これを見てから、気持ちが少し楽になったようです。

 
かく言う私も、この僧風林に小学校4年生から4年間、毎年行っていました。
当時は関東に住んでいたもので、夏休みに入るとすぐに新幹線で京都まできて、7月25日から一週間入林。
私の夏休みは、いつも8月1日から始まる、みたいな感覚でしたw
本当に行きたくなくて、行きたくなくて
修行は大変でしたが、毎年行くのが楽しみでした☆

墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

 
『情(こころ)に妙法存ぜるが故に 身心懈倦(けけん)なかりき』
これは、京都日青会の皆様から頂戴した見台に記された言葉で、法華経の提婆達多品(だいばだったほん)第十二の中にあります。
長男には難しいかな・・と思っていましたが、今回無事に成満したらこの見台を息子に譲ろうかと思います。
 
いいですよね?!青年会の皆様(。^_^。)

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.