文字サイズ
標準
拡大

We are the ones who make a brighter day ☆ 明るい明日を作るのは僕らの仕事

廣榮山 蓮華寺

【Koeizan Rengeji】

〒563-0361 大阪府豊能郡能勢町今西203-5

廣榮山 蓮華寺 ホーム>地域情報>【京都府】木屋町通沿いの桜並木

地域情報

地域情報

記事公開日:

【京都府】木屋町通沿いの桜並木

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

先日、妻と子供たち3人で、木屋町通を散策しました。久しぶりかな、目的もなしにブラブラするなんて…

川沿いの桜が満開で、大勢の人達で賑わっていました。木屋町通沿いが、ずっと桜並木になっているとは知らなかったので、何だか得した気分です♪
研修や会議などで毎週のように京都を行き来していますが、街中を歩くことなんてあまりありません。自坊を留守のままにしておくことも気になりますし、夜は夜で子供たちを風呂に入れたり着替えさせたり、お父さんとしての仕事が山積みです(^^;

なので、普段はさっさと帰ってしまいます。

何故ここに来たかというと、来週子供たちを連れて伺う家内の両親に、お土産として京菓子を求めに来たのです。
目当ての和菓子屋さん(月餅屋)で用事を済ませ、それぞれが片手に紙袋、片手に子供の手を握りながら、通りを南へ歩いて行きました。
桜並木の向かいには、小さなお店が軒を並べていて、夜の営業の支度やら仕入れの準備やらで皆さん忙しそうです。

人混みの喧騒の中で、不意に聞き覚えのあるフレーズが耳に飛び込んできました。隣に目をやると、それは妻の鼻歌でした。

「鼻歌なんて…珍しいこともあるもんだ。」

久しぶりの実家でもあり、知らずの内に気持ちが高揚していたのかもしれません。彼女は、桜と子供たちを交互に見ながら、『春よ、来い』を歌っていました。
次の瞬間、幼い私の手を引いて、大阪市内の実家に戻る若かりし母の姿が甦って来ました。風物詩にもなっていた実家近くにある造幣局の“桜のくぐり抜け”を、母に手を引かれて歩いた記憶もあります。
母は今年で83歳。もう、孫の手を引いてそう長くは歩けません。間もなく私が、老いて弱ってしまった母の手を引き歩くでしょう。哀しいことだけれど、これも連綿と繰り返される生命の営みです

今、私は子供たちの手を取り人生を共に生きています。この子らが成長して、それぞれが社会を支える一員となった時も、平和な世の中にあって皆が春を待ちわび、あの時のような桜が咲き誇っていることを切に願います。

淡き光立つ俄雨 いとし面影の沈丁花 溢るる涙の蕾から ひとつひとつ香り始める …
 

画像は、木屋町通の桜並木と、自坊の十月桜

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.