立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

We are the ones who make a brighter day ☆ 明るい明日を作るのは僕らの仕事

廣榮山 蓮華寺

【Koeizan Rengeji】

〒563-0361 大阪府豊能郡能勢町今西203-5

廣榮山 蓮華寺 ホーム>イベント・活動>棚経の 法衣に団扇 慈風(かぜ)送る

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

棚経の 法衣に団扇 慈風(かぜ)送る

開催日: 2021年08月13日

静岡県熱海市土石流災害及び7月豪雨による災害により、お亡くなりになられた方々の菩提をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に心からお見舞いを申しあげます。一日も早い復旧がなされ、皆様の安全と安心が確保されますことを祈念申し上げます。合掌

image

13日と14日は町内の棚経でした。例年は6時半スタートで80軒ほどを2日間でお参りし、20時過ぎに終了するのですが、コロナ禍の影響で昨年同様に18時過ぎには最終のお参りを終えました。

image

夕食時前に帰還できることは大変に嬉しいことですが、いずれ元の数に戻った時を考えると...😅

image

また、例年に比べて時間的余裕はあるものの、今年は様々なことが重なって疲労困憊で2日間を過ごしました。
盆入り直前の御葬儀、2日間絶え間なく降り続いた激しい雨、警報発令に伴う消防団緊急招集の不安等々、お参りや新盆(新盆のお宅は2軒分の時間を要します)の数は少ないのに終日何かに追い立てられるような気分でした💦

image

それでも、今年も1日交替で次男と長女が手伝ってくれましたので、ずいぶん助かりました。配り物や傘の用意、 精霊棚の準備、最後まで元気な読経など、側で見ていて本当に成長したものだと感心させられます。

image

特に長女は、悪天候続きでネガティヴになりそうな雰囲気を和ませてくれます。移動中にお参り先で気付いたことを懇懇と説き続け、棚経終盤になると身体全体で喜びを表現していました(笑)

image

コロナ禍により昨年は子どもが御仏前に同席することを遠慮しましたが、今年は一緒に読経させていただきました。(荒天のため作務衣姿でしたけれど)
多くのお家で、お座布団を2客用意してくださっていることが嬉しかったです。

image

御先祖様の御前で小さな子どもが読経すると、皆さんも自然と声が出ます。
昨年に続き閉塞感の中でお迎えしたお盆ですが、きっと仏様も微笑みながらこのひと時を見守ってくださったのではないでしょうか🙏

image

毎年、棚経中に団扇で風を送って下さるお家が何軒かあります。

便利社会に生きる子ども達が、そのお心づくしから何を感じ取ってくれるのか楽しみです😉
雨は終日降り続け疲労がたまる一方で、帰路に就く心は晴れ晴れとしていました🌈

次の記事へ

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.