立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

We are the ones who make a brighter day ☆ 明るい明日を作るのは僕らの仕事

廣榮山 蓮華寺

【Koeizan Rengeji】

〒563-0361 大阪府豊能郡能勢町今西203-5

廣榮山 蓮華寺 ホーム>イベント・活動>底冷えの日の“温もり”

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

底冷えの日の“温もり”

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

「私達夫婦だけで伺いますので、よろしくお願い致します。」

先々月、御尊父の25回忌法要を申し込まれた時に伺った言葉。奥方は、立正婦人会でいつもお世話になっている方で、私たち家族とも気心の知れた間柄である。
当日は未明から雪が降り始め、日中も降ったり止んだりの生憎のお天気。降雪量自体は大したことはなかったのだが、この冬一番といえるほどの底冷えの一日だった。

参道と駐車場の雪掻きを終え、御法事の2時間ほど前から本堂のファンヒーター4台の電源を入れ、石油ストーブも点火して暖房器具はフル稼働。急ピッチで堂内を暖めたが、密閉性の低い古い建物ゆえになかなかこの時期は暖まらない。
白い息を吐きながらあれこれ準備していると、正面の引き戸が開いてご夫婦がお見えになった。するとご夫婦の後に続いて、2人、3人…5人、6人と、ご高齢の方から小学生の子ども達まで、結局総勢12名の参詣者がそろった。

「住職、申し訳ありません。25回忌以降は私達2人だけでと思っておりましたが、一人増え二人増えで、当日参加も含めましたら、この人数になってしまいました。」

「いいじゃないですかー!そんなアバウトは、ほら、こちらのお父様も喜んで下さるでしょう。」
私は、皆さんにお塔婆をお見せしながら、つい興奮気味に喋っていた。

思い遣る人の心温かく、人が集う堂内はどんな暖房器具よりも暖かく感じた。
 

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.