立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山科檀林旧跡

了光山 護国寺

【gokokuji】

607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町72

了光山 護国寺 ホーム>イベント・活動>死ぬ時に後悔すること

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

死ぬ時に後悔すること

開催日: 2018年03月14日

3月14日、信行会を開催しました!

 

いつものように、最初は法話の時間キラキラ

 


 

一冊の本を紹介し、

私達が亡くなる時、後悔することをお話しました。

 

1 健康を大切にしなかったこと
2 たばこをやめなかったこと
3 生前の意思を示さなかったこと
4 治療の意味を見失ってしまったこと
5 自分のやりたいことをやらなかったこと
6 夢をかなえられなかったこと
7 悪事に手を染めたこと
8 感情に振り回された一生を過ごしたこと
9 他人に優しくなれなかったこと
10 自分が一番と信じて疑わなかったこと
11 遺産をどうするかを決めなかったこと
12 自分の葬儀を考えなかったこと
13 故郷に帰らなかったこと
14 美味しいものを食べておかなかったこと
15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16 行きたい場所に旅行しなかったこと
17 会いたい人に会っておかなかったこと
18 記憶に残る恋愛をしなかったこと
19 結婚をしなかったこと
20 子供を育てなかったこと
21 子供を結婚させなかったこと
22 自分の生きた証を残さなかったこと
23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24 神仏の教えをしらなかったこと
25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

 

これは、大津秀一さんという病院のお医者さんが書かれた『死ぬときに後悔すること25』という本に出てくる内容ですが、

 

何千人という患者さんを看取ってきた中で、

 

患者さん自身が後悔されたリストでもあります上差し

 

私達は必ず「死」というものを迎えますが、

 

人生最期の時に後悔をできるだけしないように、

 

趣味を見つけたり、人に感謝の言葉を言ったりと、

 

日頃から心がけていくことが重要であると書かれておりますひらめき電球

仏教では「生死一如」といい、

 

生も死も別の物ではなく、ひとつであると説きます!

 

日蓮大聖人も『妙法尼御前御返事』というお手紙の中で、

 

まず臨終の事を習うて後に他事を習うべし

 

と教えを説かれておりますように、

 

自分の「死」を見つめることが大事ですよご指摘です上差し

 

死を見つめることで、今の「生」が輝くということですねキラキラうえ

 

 

昨日は法話の後は今月のテーマ、

 

樹脂粘土作りを楽しんで頂きましたルンルン

 

こうやってお寺に足を運んで頂き、

 

法話を聴聞して自身を見つめ、

 

テーマに沿って楽しい時間を過ごして頂くことで、

 

人生そのものが豊かに、輝くものになっていくと信じています(。-人-。)

 

昨日はご参加頂き誠にありがとうございました爆  笑

 

※来月は廣布会(護国寺青年信徒団)のお花見を信行会とさせて頂きます。
4月7日(土)の予定です
桜

 

 

      日蓮宗 了光山護国寺  ~山科檀林旧跡~ 

               

護国寺の公式ホームページ

http://www.yamasina-gokokuji.jp/

色々なコラムがあります

http://www.yamasina-gokokuji.jp/koramu.html

素朴な疑問は問答Q&A

http://www.yamasina-gokokuji.jp/qanda.html

護国寺の年間行事

http://www.yamasina-gokokuji.jp/company.html

今月の信行会

http://www.yamasina-gokokuji.jp/singyoukai.html

上田尚史のシャカリキドン!(動画配信)

https://www.youtube.com/playlist?list=PL3C8E50F800FAC1FB&feature=view_all

 

読者登録してね

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.