立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

1260年創立 日蓮聖人お立ち寄りの古刹

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺

【Myoukosan Jyouryuji】

221-0051 神奈川県横浜市神奈川区幸ヶ谷17-5

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺 ホーム>寺ブログ>掲示板「妙法蓮華経 提婆達多品第十二」

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

掲示板「妙法蓮華経 提婆達多品第十二」

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

平成30年12月の掲示板は「妙法蓮華経 提婆達多品第十二」です。
この章(品)では、前半に悪人成仏、後半に女人成仏・即身成仏の教えが説かれています。

前半は、お釈迦様のいとこであり、弟子でも多聞第一の阿難、その阿難の兄である提婆達多の話です。
提婆達多はお釈迦様への強い嫉妬心から、お釈迦様を殺そうと画策しましたが、すべて失敗に終わりました。
そのような極悪の提婆達多が、じつは前世ではお釈迦様を教え導いた「阿私仙人」という師匠であり、その師匠がいたから自分は成仏できたと説かれます。
そして、自分を殺そうとした提婆達多も、未来には「天王如来」という仏になると語られました。

後半は、多宝如来の弟子である智積菩薩が文殊師利菩薩に質問を投げかけます。
智積菩薩は「人々はこの法華経の教えで成仏することがあるのか」と問いかけ、文殊師利菩薩は8歳の竜女(娑竭羅竜王の娘)の話をし、竜女が姿を現します。
法華経以前は、女性は成仏できないとされていましたので、舎利弗は竜女の成仏に疑いを持ちましたが、竜女は大勢の前でたちまちに成仏の姿を現し、妙法を説きましたので、皆はその事実を受け入れました。

この提婆達多品により、今まで成仏できないとされてきた悪人・女人の成仏が説かれたことは、法華経の偉大な力の証明になっています。逆に言えば、偉大な力がある法華経だからこそ、悪人や女人の成仏が可能であり、また、私たちが凡夫の身のまま成仏できることも可能にしてくれているのです。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.