文字サイズ
標準
拡大

1260年創立 日蓮聖人お立ち寄りの古刹

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺

【Myoukosan Jyouryuji】

221-0051 神奈川県横浜市神奈川区幸ヶ谷17-5

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺 ホーム>寺ブログ>掲示板「妙法蓮華経 見宝塔品第十一」

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

掲示板「妙法蓮華経 見宝塔品第十一」

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

平成30年11月の掲示板は「妙法蓮華経 見宝塔品第十一」です。
この章(品)では、お釈迦様の説法中、目の前で大地が割れ、地より巨大な塔が現れ、その塔が空中にとどまるところから話が始まります。説法の場が空中になったため「虚空会」と呼ばれます。

現れた巨大な塔は「多宝塔」と呼ばれ、その中には「証明の仏」である多宝如来がいらっしゃいます。
この多宝如来は、法華経が説かれる所があれば、どんな所でも塔とともに現れ、その説法が真実であることを証明するという誓願を立てています。
そして、姿を見せるためには、無数の分身の諸仏を一箇所に集めるという条件もあります。

塔が出現した際、聴衆を代表して大楽説菩薩がお釈迦様に疑問を投げかけます。お釈迦様は、多宝如来が出現した理由を説き、多宝如来が姿を現す条件である「分身諸仏」を一箇所へお集めになります。

また、お釈迦様は自分の滅後、この娑婆世界で法華経を弘める者にこの法華経を付嘱(委嘱)したいと説かれます。
同時に、自身入滅後の悪世で法華経を説くことはとても困難であり、「六難九易」と呼ばれる説明をもって、いかにそれが困難であるかを説かれます。

全宇宙の分身諸仏が一箇所に集合したことは「釈迦一仏」に統一されることを意味しています。
また、この章で説かれた内容は、これから語られる「久遠実成の本仏」や「娑婆即浄土」の教えが明かされる重要な前提となっています。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.