文字サイズ
標準
拡大

仰ぐところは釈迦佛、信ずる法は法華経

法住山 要伝寺

【Yodenji Vihara】

110-0003 東京都台東区根岸3-4-14

法住山 要伝寺 ホーム>寺ブログ>富岡製糸場と速水堅曹~NHK大河ドラマ「青天を衝け」…

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

富岡製糸場と速水堅曹~NHK大河ドラマ「青天を衝け」に寄せて~

 いよいよ最終回を迎える大河ドラマ「青天を衝け」
 本作の主人公となった渋沢栄一といえば、世界遺産「富岡製糸場」の開業に関わったことでも知られ、作品では渋沢の従兄で初代製糸場長となった尾高惇忠(おだか じゅんちゅう)の半生も描かれました。
 その尾高と親交のあった人物に、富岡製糸場(富岡製糸所)第3代所長・第5代場長を勤めた速水堅曹(はやみ けんそう)がいます。明治3年(1870)7月、尾高は、速水が設立した器械製糸工場「藩営前橋製糸所」を訪ねた際に、日本で初めて動く器械の軽敏さを絶賛し、以来ふたりは昵懇の仲になったといいます。その後、堅曹は富岡製糸場の民営化に尽力しています。
 速水堅曹は当山住職の母方の高祖父にあたる人物で、去る平成28年7月17日、当山の盂蘭盆施餓鬼会法要において、富岡製糸場世界遺産伝道師 速水美智子氏を招いて「故高森泰子様の曾祖父速水堅曹に関して」と題する特別講演をいただきました。
 この度の大河ドラマ「青天を衝け」には、当山住職の父方の高祖父と伝えられ、平岡円四郎を一橋(徳川)慶喜公の小姓に推した川路聖謨、母方の高祖父にあたる速水堅曹と親交のあった尾高惇忠という、日本の近代化の幕開けに関わった先人たちが登場し、不思議な縁を感じます。
 なお、アイキャッチ画像は、志村和次郎著『絹の国を創った人々―日本近代化の原点・富岡製糸場―』(上毛新聞社、2014年)より転載したもので、渋沢栄一と速水堅曹の肖像写真が表紙を飾っております。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.