立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

世界遺産「原爆ドーム」より徒歩5分。被爆鳥居と被爆狛犬のある太陽光発電のお寺。広島仏教塾&広島婚活塾&十日市こども食堂おてらごはん&テンプルモーニング&テンプルイーブニング&夏休みお寺宿泊体験を開催中。「未来の住職塾」第4期卒業&「未来の住職塾NEXT R-1」修了。「被爆体験伝承者」認定。広島市立本川小学校平和資料館ボランティアガイド。「広島県こいのわボランティア」認定。

広島県広島市中区 広布山 本覚寺

【kofuzan hongakuji】

730-0805 広島県広島市中区十日市町1-4-10

広島県広島市中区 広布山 本覚寺 ホーム>地域情報>広島市立大学「平和インターンシップ」に参加しまし…

地域情報

地域情報

記事公開日:

広島市立大学「平和インターンシップ」に参加しました。

10月3日、広島市中区のJMSアステールプラザにて開催された、広島市立大学「平和インターンシップ」に参加しました。今回のテーマは「ヒロシマを見て、聴いて、伝える ~語り続ける平和~」でした。広島平和記念資料館長の志賀賢治氏による基調講演、被爆体験伝承者の新井俊一郎氏による被爆証言、その後シンポジウムも開催されました。

今回特に興味を引いたのが、現在改装中の広島平和記念資料館リニューアル進捗状況でした。被爆前の広島を通ってゲートを過ぎると8月6日のヒロシマというルートになるそうで、既にパネルが張られ工事も進んでいるようです。また、被爆人形についても説明がありました。撤去はマスコミ報道の前に既に決定していたそうです。

確かに被爆の実相を正確に伝える、という意味では被爆人形は「作りもの」に過ぎないかもしれません。しかし、被爆人形の役割は視覚を通して人の心を揺さぶるものであったと思います。被爆人形の撤去によって来館者の印象がどう変化するのか、そういう意味でも広島平和記念資料館のリニューアルは注目すべきことではないでしょうか?

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.