立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

世界遺産「原爆ドーム」より徒歩5分。被爆鳥居と被爆狛犬のある太陽光発電のお寺。広島仏教塾&広島婚活塾&十日市こども食堂おてらごはん&夏休みお寺宿泊体験&テンプルモーニングを開催中。                                      住職は「未来の住職塾」第4期卒業&「未来の住職塾NEXT R-1」修了。「被爆体験伝承者」認定。広島市立本川小学校平和資料館ボランティアガイド。「広島県こいのわボランティア」認定。

広島県広島市中区 広布山 本覚寺

【kofuzan hongakuji】

730-0805 広島県広島市中区十日市町1-4-10

広島県広島市中区 広布山 本覚寺 ホーム>イベント・活動>被爆体験講話会のお知らせ(講師 被爆体験証言者 …

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

被爆体験講話会のお知らせ(講師 被爆体験証言者 新井俊一郎氏)

開催日: 2015年08月03日

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

被爆 70 年 被爆体験講話会 「ヒロシマを証言する」のご案内

日時 平成 27 年 8月 3日(月)午前 9時 30 分~(約45分間)
会場 本覚寺 本堂 (入場無料)
講師 元 RCC 報道部長 新井俊一郎氏

新井さんは昭和20年4月、旧制広島高等師範学校附属中学校へ進学しました。ところが附属中学校の生徒は、原爆投下の直前の7月に現在の東広島市の農村に「農村動員挺身隊」として派遣されていたので被爆を免れました。
 
しかし、新井さんは8月6日に千田町の学校本部へ報告書類を届けるよう命じられていました。八本松駅で広島行きの列車を待っていた時、ピカッと空が光りました。瀬野駅で列車がストップしたため、新井さんは約15kmを歩いて広島市内まで辿り着き、出汐町の自宅に向かいました、
 
新井さんは「入市被爆」したことになり、その影響で新井さんは数日間、発熱し体調不良となりました。その後、原爆後遺症とみられるガンで四回も手術を重ねながら被爆体験証言者として活動中です。

今回は当方が新井さんの被爆体験を伝承中ということもあり、大変お忙しい中にも拘らず、当山での講演を快諾して頂きました。被爆70年を迎えた今年、実際に被爆を体験された方々のお話を直接お聴きする機会は少なくなっています。どなたでも参加可能ですので、一人でも多くの皆様のご参加をお待ちしています。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.