文字サイズ
標準
拡大

法華経を伝える寺 九識霊断 

龍川山  法傳寺

【RYUSENZAN HOUDENZI】

〒671-2565 兵庫県宍粟市山崎町高下610

龍川山  法傳寺 ホーム>寺ブログ>七月 なまぐさ説法

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

七月 なまぐさ説法

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

立正安国論(国宝・市川市文化財)1                              令和元年7月

今月から立正安国論を読んでいきます。 『開目抄』『観心本尊抄』とともに、日蓮の代表的著作。10 段からなり、旅人と立ち寄った家の主人の問答という形で始まって行きます。原文は漢文体。
日蓮聖人が本書を記した背景には、正嘉元(1257)年から正応6(1293)年にかけて地震・飢饉・疫病かが続出 して、死者・病人が続出したという事実があります。当時鎌倉にいてこの惨状を目撃した日蓮聖人は、災害続出 の原因と対策を宗教者の立場から考えて本書を記し、対策の実施を幕府に求めました。
日蓮聖人の主張の中心にありますのは、「正しい仏法を立てて国を安んずる」という所にあります。日蓮は「正法が樹立されれば(立正)、 国土は安穏、人々は安泰に暮らすことかができる(安国)であろう」と考えました。 汝、早く信仰の寸心を改めて、速やかに実乗の一善に帰せよは、第9段、結論部分の言葉であり、この言葉を含む 64 字(漢文)の文には、日蓮宗の宗教の基本的理念が示されています。

立正安国論
訪ねて来た旅人が嘆(なげ)いて言いました。「近年、地震・台風・疫病(えきびょう)・飢饉(ききん)と天候不良のため不衛生になり作物も途絶えて、大半の者は亡くなってしまいました。牛馬は路上に倒れ、人々の亡骸(なきがら)も橋のように横たわっています。そこで人々はこの事を案じて「南無阿弥陀仏」と唱えたり、薬師如来(やくしにょらい)を信仰したり、般若経(はんにゃきょう)を読んだり、病即消滅・不老不死の法華の文だけを崇める者、七難即滅・七福即生の句を信じ講座を聴く者、真言密教の教えによって五瓶(べい)の水をそそぐ者、座禅に入る者や、幕府は万民・百姓を哀れんで色々な徳政(とくせい)を行なっています。しかし何も効き目があるように思えません。それは何故なのでしょうか。どういう禍(わざわい)なのでしょうか?何が誤っているのでしょうか?」
 家の主人が答えます。「私もあなたと同じ様にこの状況を深く思い悩んでいましたので、色々な経文(きょうもん)を開いて研究してみますと、災難の原因は世の中の人々が正しい教えに背(そむ)いて邪法(じゃほう)に帰依(きえ)したために起こったものであると経文にありました。この世を護(まも)るはずの善神(ぜんじん)が国を捨てて天に去ってしまい、その隙(すき)に悪鬼(あっき)が押し寄せて来て災難を次々と起こしてしまうのです。この事は恐れなければならないことです。」 *(正嘉元年-1257-8月23日 大地震・津波により多数の死者 正嘉2年8月1日 大型台風 正嘉3年 大飢饉 正元元年-1259-全国に疫病蔓延 何年にもわたる。正応6年-1293-4月13日 大地震・津波 死者 病人の打ち殺し等 関東で4034人の死者)  
*吾妻鏡参照
                                        法華寺霊神祭引用

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.