立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

We are the ones who make a brighter day ☆ 明るい明日を作るのは僕らの仕事

廣榮山 蓮華寺

【Koeizan Rengeji】

〒563-0361 大阪府豊能郡能勢町今西203-5

廣榮山 蓮華寺 ホーム>イベント・活動>お釈迦様の誕生日

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

お釈迦様の誕生日

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

急速に暖かくなり、「ああーもう桜が咲いちゃった!」と思ったら、ここ数日は各地で大荒れのお天気。
身包みを剥がされるように花は吹き飛ばされ、冷たい雨が続きました(-。-;)アララ..
容赦ない風雨に晒されて、必死にしがみついていた境内の桜も散り始め、参詣者用駐車場は花びらの絨毯。お次は、桃の木が蕾を膨らませています♪

本日は、お釈迦様の誕生日です。一般的には『花まつり』といわれていますね。また、『釈尊降誕会』(しゃくそんごうたんえ)ともいいます。
お釈迦様は、摩耶(まや)夫人の右腋からお生まれになった直後に、7歩歩いて右手で天を、左手で地を指して「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と説かれたと伝えられています。これは自分という存在も含め、天の上にも下にも全てのものが、仏の命を持っており尊い存在であるということです。
 
FB(フェイスブック)というコミュニティ型のWebサイトがあるのですが、そこで交流させていただいている金嶽浩子様の投稿を紹介します。

臨済宗の故・松原泰道師の名法話の中から、素晴らしいお話をご紹介します。臨済宗の故・大應国師のところへ、一人の修行僧が参りまして、「天上天下唯我独尊は、どういうことでありますか?」と聞きました。
 (中略)
大應国師は「衆のために尽くせ」と、次元の高い答えを返しました。皆のために、よくしてあげなさい、、、、さてこれは、どういうことでしょうか?
松原師はここで、 雪の研究で有名な、中谷宇吉郎先生のご遺言を紹介します。中谷先生はお亡くなりになる時に、奥様に「どうも長い間、僕に尽くしてくれてありがとう。僕が死んでもね、誰かによくして上げてくれたまえ。」と言われて、息を引き取ったそうです。松原師は、中谷先生はその後に、こう続けたかったのではないか、と推測されています。
「その時初めて、僕は君と“声なき対話”ができるんだよ」と。
この言葉の意味するところは、、、
(中略)
亡くなっている人とも 心が通じ合う、、、本当の対話ができる。
「花びらが散っても  花は散らない」 金子大栄

また、京都護国寺様の副住職であり、宗門の第一線でも活躍されている上田尚史師のブログでは、流通ジャーナリストとして有名な故金子哲雄氏の著書について、次のような感想を綴られています。

 
最後に、金子哲雄さんの奥様が「あとがき」を書かれているのですが、涙なくしては読めませんでした。
そして・・・「死」は、決してゴールではないと悟られ、今、この瞬間も前に進むことで、金子さんを感じ、共に生きることができる。

  
青年僧侶のシャカリキ奮闘記

この二つのお話には、大きな共通点を感じます。
キリスト教の結婚式での宣誓で、聖職者が新郎新婦に「死がふたりを分かつまで…」と問い掛ける場面がありますが、「死を受け入れ、共に生きる」といった、正に仏教的な概念を感じ取ることが出来ますね。
 
最後に日蓮宗が配信している『花まつりムービー』をご紹介します。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.