立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山科檀林旧跡

了光山 護国寺

【gokokuji】

607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町72

了光山 護国寺 ホーム>イベント・活動>第736回お会式

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

第736回お会式

開催日: 2017年11月26日

本日11月26日、お会式を執り行いました!

 

今年で第736遠忌をむかえる日蓮大聖人上差し

 

檀信徒の皆様と報恩のお題目をご回向いたしました(。-人-。)

 

 

法要後は、三木天道師による、

 

「お題目とは」

 

と題して法話キラキラ

 

先月おこなわれた近畿教区檀信徒研修道場クリックの、

 

テキストを使ってお題目についてお話し頂きましたうえ

 

 

・・・

・・・・

 

このお会式は、先祖の供養をするためでもなく、

 

自分のお願いをするためでもなく、

 

ただただ日蓮大聖人の報恩のためにお寺に集まります!

 

ですからこのお会式にご参集くださる檀信徒の皆様は、

 

本当の信仰心をお持ちの強信者でもありますキラキラ!!

 

本日の法要で拝読しました日蓮大聖人の御妙判は『波木井殿御書』。

 

その中にこのような一節があります上差し

 

ただし各々の信心に依べく候。信心だも弱くば、いかに日蓮が弟子檀那と名乗せ給ともよも御用は候はじ。心に二ましまして、信心だに弱く候はば、峰の石の谷へころび、空の雨の大地へ落ると思食せ。大阿鼻地獄疑あるべからず。其時日蓮を恨させ給な。返々も各の信心に依べく候。(乃至)返々も能々信心候て、事故なく霊山へましまして、日蓮を尋させ給へ

 

いかに信心が大事か、

 

何度も何度もおっしゃられております

 

いざ亡くなった時に、「日蓮大聖人の弟子です!信者です!!」と言っても、

 

信心がない人、弱い人は、地獄に墜ちちゃっても、怨んじゃいけないよ上差し

 

と手厳しいお言葉…アセアセ

 

 

しかし!

 

本日、ご参拝頂きました檀信徒の皆様は、

 

自分の先祖の為でもなく、自分の願い事の為でもなく、

 

日蓮大聖人の報恩のお気持ちで、

 

強情な信心をもってお参り下さったわけですから、

 

後生は疑いないしでありますねルンルン

 

お会式はお寺の行事の中でも一番大事な法要(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

そんな檀信徒の皆様とお題目をご一緒にお唱えでき、

 

私自身とても幸せな時間でありました(。-人-。)

 

南無日蓮大聖人 大慈大悲御報恩謝徳

 

南無妙法蓮華経

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.