立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山科檀林旧跡

了光山 護国寺

【gokokuji】

607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町72

了光山 護国寺 ホーム>寺ブログ>なぜ声を出してお経やお題目を唱えなければならない…

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

なぜ声を出してお経やお題目を唱えなければならないのですか?

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

A、お寺の行事や法事の時、声を出せない方の一番多い意見が 「声を出すのが恥ずかしい」というもの。確かに周りにたくさん人がいる中で、声を出してお唱えするのは恥ずかしいですね。たとえそれが家族だとしても。

も しかすると、人生で一番難しいのは、お経やお題目をいつ唱えるのか。もっと言うならば、いつ声を出して唱えるのか!という事かもしれません。よく「心で念 じているから良いでしょ」と耳にしますが、お釈迦様はどうお教えになられているのでしょうか?

 仏教の修行方法の中のひとつに(五種法師)、  読誦  (どくじゅ)というものがあります。    とは念ずること、そしてもうひとつは!声を出して読むということです。お釈迦様は私たちに  『身口意の三業』  のみっつが大事ですよと説かれます。まず心(意)から唱える。これが念ずるということです。次ぎに口で唱える。これは声を出して唱えること。最後に身体で唱える。つまり実践していく事となります。

 例えば、お坊さんがお葬式や法事で聞こえない声でモニョモニョと唱えていたらどう思われるでしょうか?恐らく良い気持ちにはなれませんね。「心で念じて いますから」と言われても、「ちゃんと口で声を出して唱えて下さい」と言いたくなります。それと同じで、声を出すと言うことは、実は大事なことなのです。

 心が込もれば込もるほど、形となって現れるもので、悲しいときには涙が出ますし、何か痛いことがあれば「痛っ!」と声が出ます。日蓮大聖人も『日眼女釈迦仏供養事』の中で、「心はたらけば、身うごく」と述べられているように、心から念じた時、口から声が自然と出てくるのが本来の姿でもあります。

 また意識して声を出すことも大事なことです。よく色々な仕事場で「指差呼称」という声出し確認が行われますが、電車や飛行機の運転手も必ず声を出して器 具類を確認します。そうすることで、頭の中で明確に意識化する事ができ、より効果的に確認できるからです。それと同じように、お経やお題目も声を出して唱 えることで、より一層心で念じたことが意識化され、仏さまと一体になることさえ感じられます。

 このように、声を出すと言うことは、お経やお題目を唱えるうえでとても大切な事だと分かります。慣れないうちは声を出すのは恥ずかしいと思いますが、ど うぞ勇気を出してお唱えしてみて下さい。その恥ずかしさを越した先に、思いがけない清々しい幸せに満ちた世界がそこには待っておりますよ!

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.