立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

1260年創立 日蓮聖人お立ち寄りの古刹

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺

【Myoukosan Jyouryuji】

221-0051 神奈川県横浜市神奈川区幸ヶ谷17-5

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺 ホーム>寺ブログ>掲示板「妙法蓮華経 随喜功徳品第十八」

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

掲示板「妙法蓮華経 随喜功徳品第十八」

令和元年8月の掲示板は「妙法蓮華経 随喜功徳品第十八」です。

前章「分別功徳品」では、「如来寿量品」の教えを聞いて得られる功徳が説かれました。

その中で天台大師の『法華文句』という法華経の注釈書の内容をご紹介しましたが、「随喜品」といわれる、”法華経を聞き、その教えに随うという、喜びの心を起こす段階”が、じつは最も重要になります。

この章の中で、”数多くの功徳を積んだ人よりも、寿量品の教えの喜び(その素晴らしい教えを知り、それに出会えたことの喜び)を50番目に伝え聞いた人の功徳の方が大きいと説かれます。
つまり、自ら多くの功徳を積んだ人よりも、寿量品の教えを間接的かつ50人目で聞いて随喜した人の方が、遙かに大きな功徳が得られるということです。

ひとりの人が、自分が聞いた教えの喜びを、50人の人に次々と伝えた功徳を「五十展転随喜の功徳」と言います。
なぜ、このように大きな功徳があるのかというと、一つは初心の喜びによって得られる功徳の尊さ、もう一つは法華経があらゆる人々を救うことのできるお経(教え)であるためです。

法華経という素晴らしい教えを自分だけのものとせず、皆に勧め、共に信仰していく。その行為がじつは大きな功徳を積む行いなのです。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.