立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

上野・浅草の妙経寺(みょうきょうじ)、有形文化財「銅鐘」をお守りするお寺

寿量山 妙経寺

【Juryozan Myokyoji】

111-0041 東京都台東区元浅草2-5-13

寿量山 妙経寺 ホーム>寺ブログ>法要と伝統

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

法要と伝統

深冷の候、皆様如何お過ごしでしょうか。

日蓮宗の法要は、昭和16年三宗派合同という大事業に遡ります。
法華経を多くの人々に伝えていこうという思いから、日蓮宗・顕本法華宗・本門宗という宗派が合併します。

(当山は、顕本法華宗でした。)
その際、宗派が異なれども、法要形式を一つにまとめようという方針が提案されました。

しかし、当時、戦争などもあり、なかなか進みませんでした。
特に、戦況の激化により、若手僧侶も戦争に行かなくてならない時代でした。

けれども、次の世代の僧侶・お檀家さんのために、残る僧侶が結集して、現在の法要の基ができました。
その一人に熊井本光上人
(妙経寺歴代、感応寺 元後見人)がいらっしゃいました。
そのおかげで今の日蓮宗の法要があります。

ただ、現在でも三派合同前の伝統的な法要を行っている日蓮宗寺院も多いようです。

皆様も他寺院の法要に行き、自分の菩提寺と宗旨は同じなのに法要が少々違うことにお気付きになられることもあると思います。

例えば、当山でもお唱えする「受持」は、全国の日蓮宗寺院で唱えられているわけではありません。
しかし、昔からの法要は、過去の僧侶・お檀家さんが生み出し、伝えてきたものとも言えます。

法要には様々な形がありますが、新しい法要も昔からの法要も両方を大切にしたいと思います。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.