文字サイズ
標準
拡大

上野・浅草の妙経寺(みょうきょうじ)、有形文化財「銅鐘」をお守りするお寺

寿量山 妙経寺

【Juryozan Myokyoji】

111-0041 東京都台東区元浅草2-5-13

寿量山 妙経寺 ホーム>寺ブログ>お釈迦様のまなざし

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

お釈迦様のまなざし

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

「寿量品に至って実の浄土を定むる時、 此の土は即ち浄土なりと定め了んぬ」
(日蓮聖人の御遺文『守護国家論』)

*********************

我々が住む世界を「娑婆」と言います。
これは、苦しみに耐え忍ぶという意味があり、「忍土」とも呼ばれます。
確かに我々の住む世界は、苦痛が満ちており、安らかな世界には程遠いと考えてしまうこともあります。

しかし、日蓮聖人は、法華経の「我此土安穏」という言葉を多くの信者さんに伝え、この世界はお釈迦様が一緒に住まわれる浄土の世界だと伝えました。

それは、生と死を別世界のものとするのではなく、生も死も生命のつながりであると捉え、現実も死後も浄土につながると考えられました。

この世の中に生きている我々は常に救いの中にあるというお釈迦様の温かさが込められております。
お釈迦様は、我々一人一人を仏の子どもとして見つめられているのだと思います。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.