文字サイズ
標準
拡大

上野・浅草の妙経寺(みょうきょうじ)、有形文化財「銅鐘」をお守りするお寺

寿量山 妙経寺

【Juryozan Myokyoji】

111-0041 東京都台東区元浅草2-5-13

寿量山 妙経寺 ホーム>寺ブログ>祈って、めぐる

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

祈って、めぐる

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

新秋の候、皆様如何お過ごしでしょうか。

 

仏教の言葉の一つに「回向(えこう)」という言葉があります。
これは、回転趣向とも言い、自己が積んだ善行を他に向けることを指します。

最も有名で身近な回向は、お彼岸やお盆などで、我々のお題目や読経の声やお墓参りなどの善行によって、先祖にもう一つの善行を託し、少しでも安らかにいて欲しいと願います。
これが日本の仏教の特色であり、皆様がよく経験されていることだと思います。

しかし、お釈迦様のお弟子さんの中では、我々の善行が亡くなった親の善行となるのか、という疑問がわきました。
それは、自分の亡くなった親はすでに浄土の世界にて安らかであり、我々の善行など必要ではないと思ったからです。

 

これに対して、お釈迦様は、親が善行で満ちているならば、他の先祖や親族など多くの方のために善行をしなさいと言いました。
さらに、最も大事なことは、自らの善行は回向した自分にも戻ってくることだとお話されました。

 

つまり、万が一受け取る相手がいなくても、最後は自分に回向するとお話しされました。
仏事は、決して自分のために行うのではありません。
しかし、お釈迦様の眼差しからすれば、どのような善行も人々に幸せを与え、さらに自分に戻ってきます。
自分も他者も幸福にすることが、仏教の回向です。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.