文字サイズ
標準
拡大

上野・浅草の妙経寺(みょうきょうじ)、有形文化財「銅鐘」をお守りするお寺

寿量山 妙経寺

【Juryozan Myokyoji】

111-0041 東京都台東区元浅草2-5-13

寿量山 妙経寺 ホーム>寺ブログ>だれでも仏に。

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

だれでも仏に。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

盛夏の候、皆様如何お過ごしでしょうか。

「仏」・「成仏」という言葉を耳にしますと、皆様はどのようなことを想像しますか。
多くの方は「亡くなった方」を連想されますが、本来の「仏」とは意味が異なります。
また、「成仏」という意味も、決して「亡くなった」ことばかりを指しません。 仏教において「仏」とは、「悟った人」のことを指します。

それは、お釈迦様が多くの人々を救ったように、慈悲深い心を持ち、他者のために尽くすことを第一に考えた人間とも言えます。
特に日蓮聖人は、法華経の視点に立ち、親や他者への報恩とその精神である慈悲を積極的に勧めました。

さらに興味深いことは、日蓮聖人が、子が親に付き従う孝行(武士道)を否定したことです。
鎌倉時代は、争乱が絶えない時代でした。そのため、子が何もためらわずに親に従って戦をすることが常識でした。

しかし、日蓮聖人は、このような盲目的な子が増えれば、さらなる戦災は止まらないことを見抜きました。
あえて社会の常識を超えて、不忠と言われても、法華経を信仰し、慈悲深い生き方を勧めました。

当時、多くの信者さんには受け入れられましたが、武家を束ねる幕府や首領にとっては、大変脅威であり、弾圧の的になってしまいました。

この説示の根本には、誰もがお釈迦様の子であるという法華経の言葉があります。
つまり、この慈悲を持つ生き方は誰でもできる生き方であり、我々が目指す「仏に成る」道につながります。
普段何気ない優しさも、「成仏」への生き方ともいえます。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.