立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

生きるチカラを育むおてら ☎︎0968-68-0255 ひとりで悩まず相談を

荒尾市 ふもと大黒天 妙功寺

【syotaisan myokouji】

864-0166 熊本県荒尾市府本398-1

荒尾市 ふもと大黒天 妙功寺 ホーム>寺ブログ>井戸のお祓い(埋井)

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

井戸のお祓い(埋井)

 庫裡を解体後、5月23日丙寅に井戸を埋めるためのお祓いを致しました。

 「井戸を埋めるのに適した日」というのがあります。
日毎に干支があるのですが、春は「甲子」「乙丑」、夏は「丙寅」「丁卯」、秋は「庚申」「辛酉」、冬は「壬子」「癸丑」の日が埋井の吉日です。
 
 井戸は直接人の体の水気の源泉であり、家相の上でも重要なポイントとして扱われます。
その井戸を埋めるのですから、おろそかにしてはいけません。
むやみに埋めてしまった場合、その家人や携わった業者さんなどに、障りがあったり病気になることもあると言われます。
生活に欠かせない、水の供給元となってくれた井戸の水神さんに対して、法味を言上し、これまでの感謝を込めて法要を厳修しました。

井戸を埋める作法
①井戸の中の泥をくみ取り、清砂を井戸の淵から約三尺くらいまで入れる。
②和紙に「金貴大徳」と書いて青竹に挟み、法要中に塩・米・酒をまき、井戸の中央に建てる。
③長さ約三尺の青竹の節を抜いて、井戸の中に逆さに立てる。
④法要中に、井戸に清砂を入れて埋めるに随い青竹を抜いていき、埋め終わったときに抜き終え、その竹は吉方の川に流す。(抜かずに竹の先を出したまま埋めておき、自然に朽ちるのを待ってもよい。)

井戸を埋めて頂く工事業者の方々もしっかりとお祓いします。


お祓いで大切なのは、お詫びと感謝です。
命を支える水源の水神さま・龍神さまへ供養を捧げました。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.