文字サイズ
標準
拡大

生きるチカラを育むおてら ☎︎0968-68-0255 ひとりで悩まず相談を

荒尾市 ふもと大黒天 妙功寺

【syotaisan myokouji】

864-0166 熊本県荒尾市府本398-1

荒尾市 ふもと大黒天 妙功寺 ホーム>寺ブログ>(若坊守編)Vielen dank fur das Geschenk

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

(若坊守編)Vielen dank fur das Geschenk

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

我が家にホームステイにきていたスイス人の男の子、フィリップが今週頭スイスに帰国しました。

わずか一週間でしたが、非常に濃い時間でした。

 

毎朝一緒にご飯とお味噌汁とししゃもの朝食を食べ、主人と一緒に朝のお勤めも体験しました。

子供達とトウモロコシを取ったり、
 
陶芸をしてみたり(ろくろの回し方もこれまたうまい!!)

一緒に日本のアニメを見たり、しりとりしたり、カレーうどん食べたり、キムチに初挑戦してみたり、たこ焼きパーティーをしたり・・。

 

私たちは片言の英語で、彼はかたことの日本語で一生懸命にお互いの事、日本の事、荒尾のこと、スイスのことを話しました。

 

本当に朴訥で正直でいい人だったので、「もっといろんな事を一緒にしてみたかったな」、とか「彼は私たち家族と楽しめたかな」とか「日本を好きになってくれたかな」など色々な想いを胸に彼のいなくなった部屋に掃除に入った時

 

サプラーイズ!!

子供達あてにお菓子のプレゼントと

置き手紙。

『はいどぞ』

きっと『はい、どうぞ』って書きたかったんでしょうね。

私と主人にも手紙を書いておいてくれました。

私の味噌スープが美味しかったですって・・ぐすん(涙)

毎朝頑張って作った甲斐がありました。

 

本当に素敵な国際交流でした。

長男は最後までフィリップのことをチューリップさんチューリップオレンジと呼んでいましたよ。

 

来年のまた来るであろう遠い異国の誰かさんともっと沢山話せるように、まずは主人と一緒に英語の勉強を始めます。

 

ちなみにタイトルは彼の母国語であるドイツ語で「プレゼントをありがとう」という意味です。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.