立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

サンゲと供養のお寺

千葉大網 九十九里浜 智弘院

【Chicouin】

299-3211 千葉県大網白里市細草602-5

千葉大網 九十九里浜 智弘院 ホーム>イベント・活動>月施餓鬼供養【12月8日10時30~】

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

月施餓鬼供養【12月8日10時30~】

 当山では毎月追善供養として、ご先祖供養と因縁供養を行っています。
                             
 ご先祖供養の功徳は、ご先祖様がお喜びになるのは勿論のこと、佛様神様にも護られ、心を見つめる機会となり、心が安らかになり豊かになります。故人を懐かしみ、感謝の心と命のルーツが実感でき、親子の絆を強め、長幼の序を体得し、親孝行を学び、家庭が円満となります。

 因縁供養の因縁とは、生前の生き方と心の状態により、死後も今なお苦しんでいる霊、家や個人に頼って救いを求めている霊、また、恨みを晴らそうとしている霊の事です。一般的には悪霊とか邪霊、邪気と言われています。この中には、生霊、呪詛、動物霊なども含まれます。
                                        
 何代もさかのぼると、数えきれないご先祖の中に、少なからず事故や不慮の死、怨み、憎しみの念、商売や仕事に借金問題、男女の問題など、人の一生とは様々な苦しみと共にあり、そのなかで平安を得られずに亡くなられた方がいます。

 そのように先祖の中に苦しんでいる方、また、逆に先祖の行ないにより苦しみ、怨みの中で亡くなられた人は、怨念、悪霊という形で様々な霊障や現象を起こすことがあります。事象としては、日々のこころの持ち方に影響をもたらすとともに、病気になったり、人間関係や仕事関係が悪化していきます。一般的にはその原因がわからずに除霊やお祓いという方法を用いますが、いずれそういった霊は強くなって戻ってきます。智弘院では法華経の教えのもと、懺悔、お詫びの気持ちを持って供養をし、浄化していきます。つまり、供養することが本当の解決に繋がるのです。

 現在、抱えている悩みや問題が、供養を続けていくと、信心の度合いによって劇的に変化する人、徐々に変わっていく人、いつの間にか良い方向に進んでいる人など、それぞれ人によって違いはありますが、法華経、お題目による供養を行い、物事が好転していく体験をして頂きたいと思います。

 供養とは、自分の心を正しい方へと導く大切な一つの行ないです。
頭と心は理と情で別です。自分の心の底にある怒り、欲、自分勝手、不安、寂しさ、孤独感、驕り、見栄など、なかなか自分自身では直せず、コントロールも出来ないものです。直していかなければ、人間関係も上手くいかなくなってしまいます。お題目と供養には、その解決の力が有ります。

智弘院HP

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.