立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

サンゲと供養のお寺

千葉大網 九十九里浜 智弘院

【Chicouin】

299-3211 千葉県大網白里市細草602-5

千葉大網 九十九里浜 智弘院 ホーム>イベント・活動>盂蘭盆施餓鬼会 [令和2年8月10日10時30分]

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

盂蘭盆施餓鬼会 [令和2年8月10日10時30分]

開催日: 2017年08月11日

当山に於いて、盂蘭盆施餓鬼供養を執り行います。

法界萬霊、各家の御先祖様、新盆、水子、動物など一切の精霊に対し、
お経、お塔婆、お供え物を捧げ、ご供養を致します。

目連尊者の施餓鬼は「盂蘭盆経」に説かれています。
この経典によると、釈迦仏の十大弟子で神通第一と称される目連尊者が、神通力により亡き母の行方を探すと、餓鬼道に落ち、肉は痩せ衰え骨ばかりで地獄のような苦しみを得ていた。
目連尊者は神通力で母を供養しようとしたが食べ物はおろか、水も燃えてしまい飲食できない。
目連尊者は釈迦に何とか母を救う手だてがないかたずねた。すると釈迦は『お前の母の罪はとても重い。生前は人に施さず自分勝手だったので餓鬼道に落ちた』として、『多くの僧が九十日間の雨季の修行を終える七月十五日に、ご馳走を用意して経を読誦し、心から供養しなさい。』と言った。
目連尊者が早速その通りにすると、目連尊者の母親は餓鬼の苦しみから救われた。
これが盂蘭盆の起源とされます。

これに対し、阿難尊者の施餓鬼は「救抜焔口陀羅尼経」に説かれています。
釈迦仏の十大弟子で多聞第一と称される阿難尊者が、静かな場所で坐禅瞑想していると、焔口(えんく)という餓鬼が現れた。
痩せ衰えて喉は細く口から火を吐き、髪は乱れ目は奥で光る醜い餓鬼であった
。その餓鬼が阿難尊者に向かって『お前は三日後に死んで、私のように醜い餓鬼に生まれ変わるだろう』と言った。
驚いた阿難尊者が、どうしたらその苦難を逃れられるかと餓鬼に問うた。
餓鬼は『それにはわれら餓鬼道にいる苦の衆生、あらゆる困苦の衆生に対して飲食を施し、仏・法・僧の三宝を供養すれば、汝の寿命はのび、我も又苦難を脱することができ、お前の寿命も延びるだろう』と言った。
しかしそのような金銭がない阿難尊者は、釈迦仏に助けを求めた。
すると釈迦仏は『観世音菩薩の秘呪がある。一器の食物を供え、この『加持飲食陀羅尼」』(かじおんじきだらに)を唱えて加持すれば、その食べ物は無量の食物となり、一切の餓鬼は充分に空腹を満たされ、無量無数の苦難を救い、施主は寿命が延長し、その功徳により仏道を証得することができる』と言われた。
阿難尊者が早速その通りにすると、尊者の生命は延びて救われた。これが施餓鬼の起源とされます。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.