立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

1260年創立 日蓮聖人お立ち寄りの古刹

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺

【Myoukosan Jyouryuji】

221-0051 神奈川県横浜市神奈川区幸ヶ谷17-5

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺 ホーム>寺ブログ>掲示板「妙法蓮華経 嘱累品第二十二」

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

掲示板「妙法蓮華経 嘱累品第二十二」

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

本章では、お釈迦様の説法の場にいたすべての菩薩たちに、釈尊滅後に法華経を弘めることを付嘱します。
前章では、上行菩薩をはじめとする「地涌の菩薩」への限られた付嘱(別付嘱)でしたが、本章では菩薩全体への付嘱となり、これを「総付嘱」と呼びます。
 
経題である嘱累(ぞくるい)とは、仏様が菩薩や弟子等へ教えを授け、その教えを伝え弘めるよう委任(委託)することであり、付嘱(ふぞく)とも言います。
 
この付嘱がなされた後、お釈迦様は多宝塔(たほうとう)を出て宝塔の扉は閉され、多宝塔を開くために他の世界より集められた諸仏もそれぞれの世界へお戻りになります。
そして、特別に現された虚空会(こくうえ)と呼ばれる説法の場から、再び霊山会(りょうぜんえ)と呼ばれる説法の場へ戻るのです。
 
「嘱累」は他のお経でも見られますが、法華経では特に重視されています。それは、お釈迦様の滅後に法華経を弘めることの重要性を物語るものであり、それが菩薩としての大きな役目、かつお釈迦様が強く望まれていることを意味しているからなのです。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.