文字サイズ
標準
拡大

1260年創立 日蓮聖人お立ち寄りの古刹

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺

【Myoukosan Jyouryuji】

221-0051 神奈川県横浜市神奈川区幸ヶ谷17-5

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺 ホーム>寺ブログ>掲示板「妙法蓮華経 法師功徳品第十九」

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

掲示板「妙法蓮華経 法師功徳品第十九」

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

令和元年9月の掲示板は「妙法蓮華経 法師功徳品第十九」です。

前章「随喜功徳品」では、法華経修行の初心の功徳(純粋な喜びの功徳)が説かれました。
本章では、法華経修行者の功徳が説かれています。
ここでの「法師」とは法華経修行者のことで、法を説く人という意味があります。

法華経には「受持・読・誦・解説・書写」という5種類の修行法(五種法師行)が、随所に説かれています。
・受持(じゅじ)とは、法華経を心に受けたもつこと。
・読(どく)とは、経文を見て読むこと。
・誦(じゅ)とは、経文を暗唱すること。
・解説(げせつ)とは、経文を解釈して人に説くこと。
・書写(しょしゃ)とは、写経すること。

これら修行に励んだ人には、その功徳として「眼・耳・鼻・舌・身・意」といわれる六根が清浄になり、素晴らしい力が備わると説かれます。

日蓮聖人は『日女御前御返事』というお手紙で、「法華経を受けたもちて南無妙法蓮華経と唱うる、即ち五種の修行を具足するなり」とおっしゃっています。
これは妙法受持の一行(お題目を受持するという1つの修行)に五種の修行すべてを含むということで、お題目受持の大切さとその功徳を私たちに伝えられています。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.