立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

上野・浅草の妙経寺(みょうきょうじ)、有形文化財「銅鐘」をお守りするお寺

寿量山 妙経寺

【Juryozan Myokyoji】

111-0041 東京都台東区元浅草2-5-13

寿量山 妙経寺 ホーム>寺ブログ>サバを読む

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

サバを読む

年齢などをごまかし、異なる年齢を伝えることを「サバを読む」と言います。
この語源は種々ありますが、実は、仏教に深いご縁があります。

この「サバ」は「生飯(さば)」や「散飯(さば)」ではないかという指摘があり、僧侶が食事の際、自らの飯椀から仏様へ一部を取り分け、お供えすることを意味します。

これらは、今こうして食事ができることの感謝を伝え、自分のみ頂くのではなく、仏祖三宝にお供えし、餓鬼や畜生といった飢えに苦しむものに少しでも分かち合えるようにする布施行とつながります。

現代の「サバを読む」は、自分のためだけの自己中心的な考え方ですが、仏教の意味から考えれば、多くの人々に布施行を行う慈悲の心を養う行いなのだと思います。

この慈悲の心で養われた人々は、仏祖三宝のお力で他者を思いやる心が宿ります。この「サバを読む」という言葉にはとても大事な生き方が見えます。
 

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.