立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

上野・浅草の妙経寺(みょうきょうじ)、有形文化財「銅鐘」をお守りするお寺

寿量山 妙経寺

【Juryozan Myokyoji】

111-0041 東京都台東区元浅草2-5-13

寿量山 妙経寺 ホーム>寺ブログ>ほとけ様の第一歩

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

ほとけ様の第一歩

初秋の候、皆様如何お過ごしでしょうか。

お彼岸は、布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧六波羅蜜の修行を行う日とされております。
自らの生き方を見つめ直し、お釈迦様のように安穏な境地を目指します。

この修行の一つ「持戒」は、お釈迦様の戒めを守ることを指します。

私たちは、普段の生活の中でお釈迦様のような生き方を目指し、心がけなくてはいけない小さな行為もあります。

 

例えば、トイレの履物をそろえることも一つの修行とも言えます。
履物を揃えておけば、次に利用する人も使いやすく、お互い温かい気持ちになります。

さらに私たちが大切にしたいのは、法華経を持(たも)つということです。
お寺によっては、法要の前後に「受持
(じゅじ)」という文言を唱える寺院もあります。
これは、先ほどの持戒と同じように、法華経を心にとどめておくという意味があります。
お釈迦様の大切な教えである法華経を心から受けとめます。

その結果、我々がお釈迦様のようにほとけ様に成り、普段の生活でもお釈迦様の生き方をすることができます。
右に困っている人がいれば手を差し伸べ、左に泣いている人がいれば一緒に気持ちを分かち合う。
様々な人助けがお釈迦様の教えを守ることにつながります。

普段何気ない気遣い、心配り、これらは、他人を思いやる温かい心から沸き上がります。
このような気持ちを常に持ち続けることが、「持戒」であり、ほとけ様に成る第一歩といえます。

 

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.