立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

上野・浅草の妙経寺(みょうきょうじ)、有形文化財「銅鐘」をお守りするお寺

寿量山 妙経寺

【Juryozan Myokyoji】

111-0041 東京都台東区元浅草2-5-13

寿量山 妙経寺 ホーム>寺ブログ>お彼岸の歩み方

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

お彼岸の歩み方

初秋の候、皆様如何お過ごしでしょうか。

お彼岸と言いますと、お墓参りをし、先祖に供養する日という印象があると思います。
しかし、この時期本来しなくてはいけないのは、先祖への感謝と共に、我々の生活態度・生き方・習慣を見つめ直し、生きていく糧を求めることです。

もともと、お彼岸は、この世(此岸)から浄土(彼岸)へ渡るために、六波羅蜜(布施・持戒・忍辱・精進・禅定・知恵)を実践することとされております。
簡単に言えば、法華経に説かれたような生き方をしましょうということです。

法華経にはたくさんの生き方が書かれております。
その一つに「常不軽菩薩(じょうふきょうぼさつ)」の生き方があります。
この菩薩は、お名前の通り「常に相手を軽んじない生き方をする」という生き方を示します。
我々は、見た目で相手を判断してしまうことが多いと思います。

しかし、こちらの菩薩は、たとえ自分を傷付けるような相手に対しても敬意の念を持っていました。
この生き方のおかげで、あらゆる苦しみを取り除いた仏様になりました。

自分を傷つける相手を尊敬することは、なかなか容易な生き方ではないと思います。
しかし、このお彼岸の時期に、そのような菩薩の生き方を見つめ、自らの生き方と照らし合わせてみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.