立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

上野・浅草の妙経寺(みょうきょうじ)、有形文化財「銅鐘」をお守りするお寺

寿量山 妙経寺

【Juryozan Myokyoji】

111-0041 東京都台東区元浅草2-5-13

寿量山 妙経寺 ホーム>寺ブログ>星から学ぶ(2014年1月1日)

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

星から学ぶ(2014年1月1日)

厳寒の候、如何お過ごしでしょうか。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は、アイソン彗星やラブジョイ彗星など、天体ショーの話題があり、空に流れる星々に注目が注がれたと思います。
今から約750年前、日蓮聖人がいらっしゃった鎌倉時代の日本でも、彗星が観測されたそうです。当
時の歴史書「吾妻鏡」に記載されております。鎌倉時代の人々は、引力などの科学的な知識持っておりません。
そのため、大変混乱し、また恐怖を懐いていたそうです。

日蓮聖人は、この彗星を不吉な前兆であると示すとともに、法華経信仰の大切さを多くの人に伝えました。当時の人々にとって、日蓮聖人の言葉は大変ありがたく、また安心をもたらしたのだと思います。

このように、日蓮聖人・日蓮宗と彗星といった星とは、深い関係があります。
現代では、「星まつり」・「星供(ほしく)」と言い、個人の災いを取り除き、円満成就を祈願する供養とされております。
特に日蓮宗では、北斗七星の菩薩として「妙見菩薩」を祀っているお寺もあります。日蓮聖人が仏教と星のつながりを大切にされていたことを現しています。

冬になると星がきれいに見えると思います。
星を見て、仏教とのつながりがあることをぜひ体感してみてください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.