立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

近代芸術の礎 児島虎次郎の眠るお寺

備中成羽 最上稲荷 松王山 本光寺

【Syououzan HONKOUJI】

〒716-0111 岡山県高梁市成羽町下原358

備中成羽 最上稲荷 松王山 本光寺 ホーム>地域情報>成羽美術館「白馬のゆくえ−近代日本洋画の黎明」

地域情報

地域情報

記事公開日:

成羽美術館「白馬のゆくえ−近代日本洋画の黎明」

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

当山檀家で山内に墓地のある児島虎次郎の特別展「白馬のゆくえー 近代日本洋画の黎明」が、成羽美術館にて開催されます。

期間は、9月5日(土)-11月29日(日)までです。

新型のウィルスに気をつけてご観覧後には、当山の虎次郎墓地にもお参り下さい。

以下、成羽美術館ホームページより。

1896年(明治29)近代日本洋画の黎明期に、ヨーロッパから帰朝した黒田清輝や久米桂一郎たちを中心に、新しい洋画団体「白馬会」が誕生します。
この団体がもたらした新風は、構図や主題に新鮮味を吹き込み、絵画で作者の考えを表現することの奨励や裸体画の普及、そして何よりも美術の社会的位置づけの確立に貢献するなど革新を果たしました。東京美術学校に学んだ児島虎次郎をはじめとする当時の若い画家たちは、白馬会の展覧会から多くの刺激を受けながら次代を切り開いてゆきました。
本展では、白馬会で活躍した画家たちと、同時代に生きた画家の代表作を一堂に展示し、黎明期の日本洋画を顕彰します。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.