立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

近代芸術の礎 児島虎次郎の眠るお寺

備中成羽 最上稲荷 松王山 本光寺

【Syououzan Honkouji】

〒716-0111 岡山県高梁市成羽町下原358

トピックス

記事一覧へ

  • 寺ブログ

    山茶花

    今年もそろそろ師走も近づき、慌ただしくなってまいりました。 日蓮大聖人へのご報恩感謝のように、毎…

    2019年11月26日

    続きを読む

  • 寺ブログ

    初「野山丼」

    台風前の晴天に恵まれた昨日10月10日、記念すべき最初の「野山丼」注文を頂きました。 初めてとい…

    2019年10月11日

    続きを読む

  • 寺ブログ

    秋剪定

    苦手な剪定中(-_-);

    2019年10月09日

    続きを読む

  • 寺ブログ

    鳥居修復完成

    9月28日に無事に鳥居修復完成し、奉納頂きました皆様ににお披露目参拝して頂きました。 9月末にして…

    2019年10月02日

    続きを読む

  • 寺ブログ

    白い鳥居

    全国的にもおそらく当山のみの白い鳥居。 珍しいので写真に収めましたが、3日ほど経つと白い鳥居も見…

    2019年09月01日

    続きを読む

  • 地域情報

    児島虎次郎没後90年 成羽美術館特別展

    会期>2019年9月14日(土)-12月11日(水) 開館時間>午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで) …

    2019年08月24日

    続きを読む

  • 地域情報

    成羽愛宕大花火2019

    昨年は豪雨の為開催出来なかった成羽の花火大会。 今年は「がんばろう高梁!」を合い言葉に7/27(土)開…

    2019年07月23日

    続きを読む

  • 寺ブログ

    大賀蓮

    今年最初に咲いた蓮の花です。今日朝開きました。 これから8月下旬まで順次咲いてゆき、参拝者の心を和…

    2019年07月10日

    続きを読む

  • 寺ブログ

    ジャガイモ

    今年もジャガイモ収穫出来ました。

    2019年07月03日

    続きを読む

ごあいさつ

松王山 本光寺 縁起
備中 成羽 本光寺のホームページにお越しいただきありがとうございます。

当山は、永禄2年(1559年) 3月12日、清水宗堅は宝樹院日慈上人を招いて当寺を開山しました。
元禄4年(1691)出石屋喜右衛門の発願により焼失した諸堂を改築。さらに、川上町領家にあった庵明寺が檀徒少数であったので、当寺に合併、御本尊もお迎し安置しています。
本堂にある太鼓は「時報太鼓」と呼ばれていました。山崎氏が御殿晋請のとき、仕事始め、休憩、昼食などの合図に使ったもので、後に御殿の時報に使われていました。(1582年に清水宗治は高松城水攻めで切腹する)

大原孫三郎の依頼を受けた画家、檀家の児島虎次郎は、絵画買い付けのため数度欧州に渡り多くの作品を購入しました。この収集品が後の大原美術館建設の礎となります。今は当山墓地にて静かに故郷を見守っています。

Thank you for visiting the homepage of Biccyuu Nariwa HONKOU-JI temple.
The temple was on March 12, 1559, and Munekata Shimizu opened the temple by inviting saint Hojuin-Nitiji.
Reconstructed various halls that were destroyed by the application of Kiemon Izushiya in 1691. Furthermore, there was a small number of Anmyoji Temple in the Kawakami-cho Ryoke.
The taiko in the main hall was called “Jihou Daiko”. It was used for signals to start work, breaks, lunch, etc. when Mr. Yamasaki was entrusted to the palace, and was later used for the palace time signal. (In 1582 Muneharu Shimizu is Abdominal death with Takamatsu Castle water attack)

​The painter, Torajiro Kojima, who received a request from Magozaburou Ohara, purchased many works across Europe several times to purchase paintings. This collection will be the foundation for the later construction of the Ohara Museum of Art. Now I’m quietly watching my home at The temple in Cemetery.

お写経
お寺でお写経してみませんか?

本光寺では平成29年より日蓮大聖人御降誕800年記念事業の一環として報恩感謝のお写経勧進を行っています。お写経は心を落ち着けるための仏教の修行のひとつです。お経を一文字一文字丁寧に書き写すことで心を落ち着け、自らの心のあり方を見つめる機会です。お写経はお納め頂くと、本光寺本堂にて毎日ご祈念されます。

まずはお電話かメールにてお問い合わせください。

Why do not you copy at the temple?

Since 2017, HONKOU-JI has been promoting the gratitude and gratitude as part of the 800th anniversary of the birth of saint Nichiren Daishonin. Copying is one of the practices of Buddhism to calm the mind. It is an opportunity to calm down and carefully look at your own mind by copying the passage carefully.
We will pray for you every day at Honkoji Main Hall.

Please contact us by phone or email first. Please contact us by phone or email first.

野山丼
当山檀家で、老舗旅館を営んでいた野山屋さんが考案された元祖豆腐飯。
数々の有名グルメ番組(フォトギャラリー内参照)や雑誌にも取り上げられ、取材された芸能人の舌もうならせてきましたが、旅館の廃業とともに豆腐飯も止めておられました。しかし、せっかくの成羽名物なので新たに野山屋さん監修のもと豆腐飯「野山丼」として当山本光寺で復活致します。
空気の澄み渡った文化・芸術の香る山あいにて、ヘルシーな成羽名物の精進料理をお楽しみください。
準備に時間がかかるため、3日前までの予約とさせて頂いております。

お写経と同様に、お電話かメールにてお気軽にお問い合わせください。

This original tofu rice was devised by Noyamaya who was a long-established inn at the The temple family.
Many famous gourmet programs (see in the photo gallery) and magazines featured the celebrities who were interviewed. However, since it is a special specialty of Nariwa, it will be revived at HONKOU-JI Temple under the supervision of Noyamaya.
Enjoy a healthy and honed sushi dish in a mountain with a clear culture and art.

Please feel free to contact us by phone or e-mail.

基本情報

寺院名称 備中成羽 最上稲荷 松王山 本光寺(しょうおうざん ほんこうじ)
住所 〒716-0111 岡山県高梁市成羽町下原358
電話番号 0866-42-3154
お問い合わせ先 honkouji@kibi.ne.jp

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.