立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

おもいだす かえりみる

明光山 妙勝寺

【Myokosan Myosyoji】

700-0842 岡山県岡山市北区船頭町69

明光山 妙勝寺 ホーム>寺ブログ>令和3年の節分は…

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

令和3年の節分は…

7月も今日で終わり、明日から8月のお盆月になります。

お盆経も少しずつ回り始めましたが、先日、早々と来年の暦の注文をしました。
「来年のことを言うと鬼が笑う」と言いますが、例年夏の間に準備しておかないと印刷が間に合わなくなるのです。

妙勝寺の暦の裏側には毎年、年中行事の予定を印刷してもらっています。
年中行事の日程は例年あまり変わりませんが、春秋のお彼岸は閏年の関係から、お中日がずれることもあり、日にちの調整が必要です。

暦の注文を済ませ、ヤレヤレと思っていたら、大きな落とし穴がありました。
暦やさんの指摘で気づいたのですが、来年(令和3年)の節分は2月3日ではなく、2月2日なのです。

節分はもともと季節の分かれ目を指していて、2月の立春の前日だけでなく、立夏・立秋・立冬の前日をすべて「節分」と言います。
但し古来、立春から一年が始まるという旧暦の考え方もあり、その前日(節分)を前年の最後の日と考え、厄除けの意味を持つ豆まきなどの厄払いの行事を行ってきたのです。
妙勝寺でも、毎年2月の節分に厄除けの「星祭り」の行事を行い、賑やかに豆まきをしています。

節分は2月3日に固定されているものと思っていましたが、実は国立天文台が地球と太陽の位置を調べることで、立春(太陽の黄経が315°に達した日)が決定し、その前日が節分になるのです。
計算上、来年(令和3年)の立春は2月3日になるため、その前日である2月2日が節分になります。

最近ではずっと2月3日が節分でしたが、36年前の昭和59年(1984年)の節分は2月4日だったのです。
今後は、2021年・2025年・2029年・2030年の節分は計算上2月2日になるようです。

来年の2月3日に豆まきをしたら、本当に鬼に笑われますね。

 

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.