立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山科檀林旧跡

了光山 護国寺

【gokokuji】

607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町72

了光山 護国寺 ホーム>寺ブログ>お坊さんのことを何て呼べばいいですか?

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

お坊さんのことを何て呼べばいいですか?

A、日蓮宗では「お上人」(お しょうにん)と呼ぶのが一般的です。その他にも、その方が住職なら「住職さん」と呼ぶこともあります。しかし、住職でないお坊さんや、見知らぬお坊さんに 呼びかけるには適切ではありません。住職を引退された僧侶は「院首さん」(いんじゅ)「御前さん」(ごぜん)とお呼び、本山の住職は「貫首さま」(かん じゅ)「○○猊下」(げいか)と尊称します。
souji2
 ちなみに「和尚さん」(おしょう)というのは、浄土宗や禅宗で使われ、天台宗は「和尚(かしよう)」、真言宗は「和尚(わじよう)」と呼びますので注意 が必要です。また「和尚さん」が訛った「おっさん」という呼び方や、「住職さん」が訛った「おじゅっさん」も関西地方ではよく使われます。
 その他には、禅宗の住職を「方丈(ほうじよう)さん」。浄土真宗の住職を「御院(ごいん)さん」とも呼び、尼さんの住職の場合は、「庵主(あんじゆ)さん」と呼んだりします。
 最近、お坊さんのことを「先生」と呼ぶことが増えてきていますが、これは「こう呼べば大丈夫だろう」という安易な考えから来ている感は否めません。でき ることなら、その宗派の呼び方、日蓮宗なら「お上人(しょうにん)」「○○上人」という呼び方を知っておくよう心掛けたいですね。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.