立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

いのちに合掌

京都府第一部宗務所

【Kyoto-fu Daiichibu Shumusho】

606-8376 京都府京都市左京区二条通川端東入 頂妙寺布教会館内

京都府第一部宗務所 ホーム>イベント・活動>春季法要 in 横川定光院

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

春季法要 in 横川定光院

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

 4月13日、日蓮聖人ご遊学の地である横川定光院(滋賀県大津市)で横川定光院護持顕彰会主催の春季法要が行われた。この法要は、近畿教区各管区が輪番制で担当し、今回は奈良県宗務所が担当した。当日は悪天候で雨が降る中、定光院までの足元の悪い参道を約200名の僧侶・檀信徒が歩いて登詣した。
 法要に先立ち、奈良県布教師会会長岡田法顯師(妙徳寺住職)による法話が行われた。「この比叡山は一宗一派を開かれた祖が学ばれた場所である。わが祖、日蓮聖人が比叡山に登られるきっかけになったのは、お釈迦さまの本当の教えを得る為であり、12年間に及ぶ生活の中で法華経こそ正しい教えであると確信された。」と比叡山の説明と、日蓮聖人の御一代記を法話され、「今後の御降誕800年に向け「いのちに合掌」をスローガンに法華経の教えを正しく理解し行動に移していきたい。」と述べられた。
 法要では、小林順光宗務総長より名代の委嘱状を交付された森本竜静師(奈良県宗務所長)が導師を務め、奈良県協議員を副導師、奈良県声明師・修法師を式衆に、京都各本山の貫首猊下臨席のもと行われた。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.