立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

いのちに合掌

京都府第一部宗務所

【Kyoto-fu Daiichibu Shumusho】

606-8376 京都府京都市左京区二条通川端東入 頂妙寺布教会館内

京都府第一部宗務所 ホーム>イベント・活動>第2回「いのちに合掌」信行大会開催

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

第2回「いのちに合掌」信行大会開催

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

 3月26日、京都市左京区本山頂妙寺(安藤信行貫首)で京都府第1部宗務所主催の第2回「いのちに合掌」信行大会が120名を超える僧侶並びに檀信徒が参加し開催された。
 開催に先立ち、管内寺庭婦人会による和讃の奉納があり、続いて橋本一妙師(京都府第1部宗務所長)を導師に法味言上を行った。また、京都1部布教師会会長大西秀樹師(松林院住職)による本山頂妙寺の縁起が説明され、引き続き唱題行が行われお題目の声が本堂に響き渡った。
 場所を客殿に移し、山梨県上田本昌師(上澤寺住職)を講師にお迎えし「いのちに合掌」と題し実体験を交えながら法話が行われた。「我々が生きている事、日々の生活、当たり前と思っている事は決して当たり前の事ではない。それらの事に感謝の意を込め心穏やかに合掌しお題目を唱え、頂いたいのちを見つめ直し大切にする事が、自身の不平・不満の気持ちを減らす事に繋がる。また、日々の生活の中でお互いに合掌しいのちにお題目を唱え合い、敬いの心を持ちお互いを尊重する事が大切である。敷いては、国土の安穏と全ての人々の安らかな生活に繋がる。」と、いのちに対して合掌する事の大切さを伝えた。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.