立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

日本随一優生観世音菩薩霊場

広昌山 観 音 寺

【kannonji】

706-0002 岡山県玉野市築港3-14-20

広昌山 観 音 寺 ホーム>寺ブログ>お塔婆(とうば)の意味。

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

お塔婆(とうば)の意味。

 今から二千年以上前、お釈迦様のお墓としてストゥーパ(塔)が建てられました。仏教が広まった場所に人々は畏敬の念をもってストゥーパ(塔)を建てました。仏教伝来に伴ってストゥーパ(塔)も伝わり、五重の塔になり、さまざまに変化しながら現在のお塔婆(とうば)になったのです。
 法華経には…多宝如来という仏様がお釈迦様を「塔」に迎え、法華経が最高の、真実の教えであると証明されました。
 宗祖日蓮大聖人は法華経こそがお釈迦さまの御本意であり、お題目「南無妙法蓮華経」を唱える事により功徳全てを頂けると説かれました。つまり、最高の教えである法華経に記されている「塔」に、お題目「南無妙法蓮華経」を記したお塔婆こそが、本当の意義のあるお塔婆なのです。
 お塔婆を建てて、ご先祖様、故人様のご供養をなさり、功徳をお積み下さい。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.