文字サイズ
標準
拡大

開拓の大地 那須野が原の法華道場

紫雲山 等覚院

【SHIUNZAN TOUGAKUIN】

〒325-0045 栃木県那須塩原市高砂町5-41

紫雲山 等覚院 ホーム>寺ブログ>当山山門の「供養塔」

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

当山山門の「供養塔」

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

当山の山門左手には、お題目の刻まれた大きな石塔が建っています。
大正3年1月のの建立と言うことですから、ちょうどそれから丸100年が経ったことになります。
那須疎水の開削、黒磯駅の開設により「黒磯」の街が形成され、明治45年に東那須野村から黒磯町が分立して間もない時期です。
それから戦争を経て、昭和45年に黒磯市となり、更に平成17年那須塩原市となって現在に至るまで、大きな変化のときを見つめてきた塔と言えるでしょう。
東日本大震災の折にも、周りの石灯籠が倒れてしまった中でびくともしませんでした。

日蓮宗新聞の1月20日号でこの塔が紹介されました。
ご参拝の折には、こちらの塔にも目を向けて、合掌の上でその姿を拝して頂きたく存じます。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.