立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

サンゲと供養のお寺

千葉大網 九十九里浜 智弘院

【Chicouin】

299-3211 千葉県大網白里市細草602-5

千葉大網 九十九里浜 智弘院 ホーム>寺ブログ>水をかけた少年

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

水をかけた少年

思いやり。人助け。
 
その気になれば出来そうです。
 
あるお話を紹介します。聞いたことある人もいるのでは。
 
ある高校で、一年生の英語の授業中、一人の男子生徒が急に立ち上がって、
教室を出ていったかと思うと、間もなくバケツを持って戻り、
前の席の女の子の頭の上から水をかけて、全身びしょぬれにした。
驚いた先生は、すぐに女の子に着替えをさせ、男の子に理由を問うが、
一言も返事せず、職員室でも頑として黙秘した。
二年後、家の都合で男子生徒は転校となる。
その時、元の英語の先生が、
「君ともこれでお別れだね。君の級友も間もなく巣立つ。
ところで、あの時なぜ水をかけたのか、よかったら教えてくれないか」
 
「先生、実はあの時、彼女は落ち着きがなく、身体をかすかに震わせていました。
よく見ると下に水が漏れているのが見えたのです。それで水をぶっかけたのです」
 卒業前まで、乱暴な男という誤解を背負って、級友の立場を思う心根の美しさ。
        
(出典 『大乗』平成12年7月号 10頁)より

 

 水をかけた少年

 
深い思いやり。そして助けようとした時の一瞬の判断。これが智慧ある慈悲
自分が正しいと思う行動に対する覚悟と勇気。
 
恥ずかしい、どうしよう、女の子のことばにならない思い。
 
少年は一瞬でその気持にきづいて、自分を犠牲にする。
 
少年、カッコイイ。
 
心にしみる話です。
 
人の為に何かする時、自分のことを考えてはダメそうです。
 
ずるくて、計算高くて、都合ばかり考えている・・・。
 
そうならないようにしたいものです。
    

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.