立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山と海に囲まれた「いいのん寺」

一乗山 妙法寺

【Ichijyouzan Myouhouji】

859-2113 長崎県南島原市布津町丙2405

一乗山 妙法寺 ホーム>イベント・活動>宗門法要に出座

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

宗門法要に出座

11月11日は、宗祖日蓮大聖人が小松原法難に遭われた日。
今年はちょうど750年目の節目を迎えました。

小松原法難とは、文永元(1264)年11月11日、日蓮聖人と弟子信者10余名が、
安房国東條の松原(現在の千葉県鴨川市広場付近)にて、待ち伏せていた、
地頭の東条景信らの襲撃を受け、弟子・鏡忍房日暁上人、信徒・工藤吉隆公
(妙隆院日玉上人)が殉教され、日蓮聖人ご自身も腕を折られ、
額に刀傷を負われたご法難です。

今回、ご縁を頂き、750年報恩法要に出座させていただくことになりました。

前日入りし、朝からご来光を拝みに麻綿原へ。


残念ながら、ご来光は拝めず(>_<) ・・・またの機会に・・・

次に日蓮寺様へ。

ここは、小松原法難にて傷を負われた日蓮聖人が傷口を洗い、岩砂で血止めをし、
傷の養生をし、一命を取り留めたという言い伝えのある場所です。

(傷洗いの井戸)


ちなみに、ここで傷の養生をされていた時、老婆が自分のかぶっていた綿頭巾を
傷の風防ぎとして供養した故事にならい、刀傷が寒さで痛まないようにとの心づかいで、
毎年11月11日から春季まで
日蓮聖人の御像の頭に綿帽子を被せます

今回の宗門法要の会場となった鏡忍寺様。


殉教された鏡忍房が葬られている場所であり、のちに工藤吉隆公の息子が日蓮聖人の弟子となり、この地に一寺を建立し、
父親の法号(妙隆院日玉)と鏡忍房の名前をとって、妙隆山鏡忍寺となりました。

境内には、法難の時、槙(マキ)の大木の上に現れた鬼子母神が東條景信をにらんだだめ、
驚いて逃げ去ったと言われる、降神の槇があります。

いよいよ、法要本番。宗立学寮の青年僧による行脚、降神の槇を囲んでの修法、祖師堂にての
報恩法要。北海道~長崎まで、全国から多くの僧侶、檀信徒が参列し、報恩の誠を捧げました


今回の法要出仕、参拝を通じ、真の報恩とは何なのか…を考えました。
現代に生きる我々が、法華経・お題目の教えに従って立ち振る舞い、後世に伝えていくことがお釈迦様、
大聖人への報恩であり、肝心な事ではないかな・・・・と。

そう感じながら、帰路につき、慌ただしい2日間でしたが、何とか最終便で帰ってきました。

明日(12日)は、当山のお会式。その想いを胸にお勤めしたいと思います。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.